「閃光スクランブル」



加藤シゲアキさんの「閃光スクランブル」


夜7時、渋谷スクランブル交差点。
女性アイドルとパパラッチ ―
心に傷を負った者同士が、本当の居場所を求め
踏み出す一歩から始まる愛と再生の物語。



注:多少ネタバレ有!未読の方はスルーして下さい。


閃光スクランブル BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

5人組の女性アイドルグループ、MORSEのメンバー・亜希子は、
年の離れたスター俳優の尾久田と不倫関係にある。

パパラッチの巧は、ゲームに熱中するかのように
亜希子のスクープを狙っていた。

MORSEに押し寄せる世代交代の波に自分を失いかけている亜希子と、
最愛の妻を失くして、空虚から逃れられない巧。

最悪と思われた出逢いは思いがけない逃避行となって…。
夜7時、渋谷スクランブル交差点、瞬く光の渦が2人を包み込む―。




加藤シゲアキさんの作品を読むのは3作目ですが
こちらも期待を裏切らずとても面白かったです。

デビュー作の「ピンクとグレー」と同じく
芸能界の裏側を描いた作品ですが
前作からさらにパワーアップした!?
アイドル作家ではなく、正しく小説家・加藤シゲアキ!ですね。
これからの作品もホント期待大です!!


本書「閃光スクランブル」の主人公は
過去のトラウマから抜け出せずにいる巧と亜希子。

その二人の出会いを、パパラッチとアイドルの立場で描き
敵対するであろう二人が出会ったことで
お互いの傷を癒し再生へと向かっていく―。

その過程の描き方が上手い!
スピーディーなストーリー展開の中で、
登場人物の心の機微もしっかりと描かれており
最後まで物語の世界に入り込んで読むことができました。

ラストシーンで亜希子が歌う『さよならオルフェウス』に
その後の二人の未来を描いている!?
お洒落なラストシーンでしたね(^_-)-☆

ドラマ化された『傘をもたない蟻たちは』も読むのが楽しみです。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.