「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」

Category: 映画 > ・邦画  



生田斗真さん主演映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」


元交番勤務の巡査が潜入捜査で犯罪組織に潜り込み、
通称“モグラ”となって合成麻薬MDMAの密売ルートを暴く。

生田斗真ほか、豪華キャスト共演の犯罪コメディ。
              ~WOWOW~



土竜のうた MOVIE

解説(「WOWOW」より)

高橋のぼるのコミックを「ゼブラーマン」シリーズの
宮藤官九郎脚本、三池崇史監督コンビで実写映画化。

正統派ラブストーリーからサスペンスアクションまで、
幅広い役柄を演じてきた演技派・生田斗真のこれまでとは違う
テンションの高さに驚かされる。

そして、ひと目見ただけでは本人だと分からない姿で登場する
キャストのはじけた演技も見もの。

宮藤脚本らしいテンポのいいセリフの応酬や間合いで楽しませるが、
中でも主人公が潜入捜査のイロハを教えてもらう
“土竜の唄”が歌われる場面の歌詞の内容に注目だ。





内容(「WOWOW」より)

警察学校を最低の成績で卒業し、
月間の始末書枚数のワースト記録を樹立した交番勤務の巡査、菊川。

ある日、彼は署長から突然クビを言い渡され、
犯罪組織に潜入する潜入捜査官として、関東一円を地盤とする
武闘派暴力団組織“数寄矢会”会長を挙げることを命じられる。

菊川は悩んだ末に覚悟を決めて闇カジノ“虎ジャガー”に潜り込み、
そこで数寄矢会傘下、阿湖義組の若頭で、“クレイジーパピヨン”こと
日浦に気に入られる。



製作年⇒2014年
内容時間⇒130分

監督⇒三池崇史さん
製作⇒石原隆さん・都築伸一郎さん、ほか
脚本⇒宮藤官九郎さん
音楽⇒遠藤浩二さん


(CAST)
菊川玲二⇒生田斗真さん

若木純奈⇒仲里依紗さん

月原旬⇒山田孝之さん

黒河剣太⇒上地雄輔さん

猫沢一誠⇒岡村隆史さん

日浦匡也⇒堤真一さん

阿湖正義⇒大杉漣さん

轟周宝⇒岩城滉一さん

赤桐一美⇒遠藤憲一さん
ほか




高橋のぼるさん原作『土竜の唄』


土竜の唄 漫画

内容(「コミックシーモア」より)

谷袋署百観音前交番に勤務する警察官・菊川玲二は、
揺ぎない正義感を持った熱い男だが、まっすぐ過ぎるがゆえに
やり過ぎてしまうこともしばしば。

この日も「万引き少女に過剰な身体検査をしたコンビニ店長に対して
拳銃を向けた」ということで、署長から呼び出しを受けることに。

すると署長の口からは、なんと玲二への懲戒免職勧告が飛び出して…!?
常識の枠におさまらない潜入捜査官・菊川玲二が繰り広げる、
いまだかつてない極道潜入伝説!! スリルあり、お色気あり、
爆笑ありのネオ・ヤクザエンターテインメント!!



「土竜の唄」もっとバイオレンス色の強い映画だと思っていたのですが
さすが宮藤官九郎さんと三池崇史監督がタッグを組んだだけはありますね
バイオレンスものが苦手な私でも最後まで楽しめました。

台詞のキャッチボール、テンポの良さもクドカン流で面白い!
潜入捜査官の心得SONG、ここぞという場面に挿入され笑えました(^^)

そしてキャスティングも良かったです。
この人誰?というほど特殊メイクでのキャラづくり
猫沢役の岡村さんはまだいいとして、黒河役の上地さんにはビックリ
あなた誰?もしかして上地さんなの!?ホントビックリです。

体を張った生田斗真さんの演技にもビックリ!
堤真一さんや遠藤憲一さんの怪演と比べても
負けず劣らずのはじけた演技で凄かった。
生田さんの迫真の演技に拍手です!
山田さんの凄みのある悪役ぶりも良かった。

スピーディーな展開で魅せてくれた、バイオレンス&笑い満載の映画で
とても面白かったです(^^)


映画『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』の続編が決定!!
撮影は2016年内を予定。
公開時期などについては未定ですが、楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_01_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.