「丕緒の鳥」



小野不由美さんの「丕緒の鳥」


本書は『十二国記』シリーズのオリジナル短編集です。

2014年12月のブログで『十二国記』シリーズ全巻を紹介したのですが
その当時「丕緒の鳥」のみ未読で…やっと読むことができました。



丕緒の鳥

内容(「BOOK」データベースより)

「希望」を信じて、男は覚悟する。慶国に新王が登極した。
即位の礼で行われる「大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。
陶工である丕緒は、国の理想を表す任の重さに苦慮していた。
希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか―

表題作ほか、己の役割を全うすべく煩悶し、
一途に走る名も無き男たちの清廉なる生き様を描く
全4編収録。




『丕緒の鳥』
慶国の新王即位にともない、大射の準備を命じられた羅氏の丕緒
青江らと共に大射に使う陶鵲をどうするか悩む。
(女王の名前は出てきませんが、陽子!?)

『落照の獄』
柳国の秋官・瑛庚は、狩獺の処罰を決めなければならないが…。
3度の前科があり、16件・23人もの人間を無惨に殺した男・狩獺。
死刑を停止してきた劉王は、政治への興味を失ってしまったのか
狩獺の処罰を司法に一任すると丸投げしており、
瑛庚は狩獺を死刑にするべきかどうか悩んでいた。

『青条の蘭』
標仲と包荒の故郷・雁国の北方地域で
山毛欅の木が石化する奇病が蔓延していた。
そのことが国に災いをもたらすことになると
二人は興慶と共に奇病の薬「青条」を作ることに成功する。
標仲と包荒は王に願い出て「青条」の卵果を実らせてもらおうと
王宮まで青条を届けようとするが
荒廃した国土や官吏の横暴などの妨害により、
その道のりは長く険しいものに…。

『風信』
慶国の女王舒覚は、国からすべての女を追い出すよう布告した。
布告を安易に考え慶国に留まった蓮花は両親と妹を殺されてしまう。
一人助かった蓮花は、暦を作る保章氏の嘉慶の元で
下働きとして暮らすこととなった。


4編とも、王や麒麟は登場せず、民や官吏の苦難を描いている。

12年振りの新刊ということで(2013年7月発刊)
戴国のその後を描いたのかと期待していたのですが
まるで違う内容に少々がっかり・・・^_^;

行方知れずとなった驍宗と、力を失った泰麒の行く末はどうなるの?
小野さん中途半端で終わらせないでくださいね
(十二国記ファンの声を代弁?)


本書「丕緒の鳥」のみを読むと
物語の世界に入り込むのはかなり難しい(断言!?)

『十二国記』シリーズを踏まえた上で読まないと、
全容を理解するのは難しいと思います。

シリーズを読んだ方にとっては
『十二国記』本編の裏側に隠れ
描き切れなかった市井の人々の生きざま、
傾いた国の民や官吏の苦悩を知ることができ
『十二国記』の世界観を、より深く感じとれるのではと思います。


『十二国記』シリーズ、ファンタジーですが、とてもスリリングで面白く
その上、ヒューマンドラマとしても読み応えのある素晴らしい物語です。

未読の方で興味のある方は、下記のURLをクリックして頂くと
『十二国記』シリーズ全巻のあらすじをご覧いただけます。
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-entry-21.html



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.