「真夜中の五分前」

Category: 映画 > ・邦画  


日中合作映画「真夜中の五分前」


三浦春馬主演のファンタジーラブストーリー。

上海に住む時計修理工の日本人青年が恋したのは、美しき双子姉妹の姉。
だが彼女は消え、1年後に思いも寄らない姿で現われる。
                      ~WOWOW~



真夜中の5分前MOVIE

解説(「WOWOW」より)

本多孝好の小説を「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の行定勲監督が
初のオール海外ロケで映画化。

“時間”が物語を進行させる重要なキーとなり、
三浦演じるリョウがリウ・シーシー演じるルオランに手渡す
置き時計や腕時計などの小道具が活きる。

全編中国語のせりふに挑戦した三浦が自然体の好演を見せ、
そんな彼を惑わす双子の姉妹、ルオランとルーメイの2役を演じた
リウの美しさには思わずため息が漏れる。

前半はラブストーリー、後半はミステリーと、
2本分の映画を見ているようなぜいたくな気分も味わえる。




内容(「WOWOW」より)

上海で時計修理工をする日本人のリョウは
プールで美しい女性ルオランに声を掛けられる。
友人に贈るプレゼントを選んでほしいと言われた彼は、
彼女と2人でさまざまな店を回るが、自分が直した置き時計を手渡す。

これをきっかけに彼らは交際を始めるが、
食事をしようと入った店に彼女の双子の妹・ルーメイが現われる。
自由奔放なルーメイにはティエルンという婚約者がいたが、
ティエルンは密かにルオランを愛していた。


製作年⇒2014年
製作国⇒日本/中国
内容時間⇒130分


(CAST)
リョウ⇒三浦春馬さん

ルオラン/ルーメイ⇒リウ・シーシーさん

ティエルン⇒チャン・シャオチュアンさん

監督⇒行定勲さん
脚本⇒堀泉杏さん
撮影⇒中山光一さん
音楽⇒半野喜弘さん





本多孝好さん原作『真夜中の五分前』


真夜中の5分前 A BOOK
内容(「BOOK」データベースより)

少し遅れた時計を好んで使った恋人が、六年前に死んだ。
いま、小さな広告代理店に勤める僕の時間は、
あの日からずっと五分ズレたままだ。

そんな僕の前に突然現れた、一卵性双生児のかすみ。
彼女が秘密の恋を打ち明けたとき、
現実は思いもよらぬ世界へ僕を押しやった。

洒落た語りも魅力的な、side‐Aから始まる新感覚の恋愛小説。
偶然の出会いが運命の環を廻し、愛の奇蹟を奏で出す。




真夜中の5分前 B BOOK
内容(「BOOK」データベースより)

かすみとの偶然の出会いは、
過去の恋に縛られていた僕の人生を大きく動かした。

あれから二年、転職した僕の前にひとりの男が訪ねてきた。
そして、かすみとその妹ゆかりを思い出させずにはおかぬこの男が、
信じられない話を切り出した。

物語は、驚愕のエンディングが待つside‐Bへ。
今日と明日をつなぐ五分間の隙間を破り、
魂震わす極限の愛が生まれる。





原作は未読です。

映画はWOWOWで放送された際、
監督が行定勲さん、主演が三浦春馬さんということで
録画していましたが(1ヶ月以上も温存?)
冬休み最後の日にやっと観ることができました!

ただ、「真夜中の5分前」邦画だと思っていたので
全編中国語だったのにはビックリ!

日本語の台詞は、三浦春馬さんが(二言三言)単語で言うだけ
三浦さん、上海に住む時計修理工リョウ役なので台詞が全て中国語!
ナチュラルな演技もよかったのですが、中国語も頑張っていました!


タイトル「真夜中の5分前」とあったのでミステリーなのかな?と
思って観ていましたが、前半はどちらかというとラブストーリー
後半はミステリーという、二段構え?の映画でした。

ミステリアスで浮遊感のある不思議なラブストーリー

よくわからない感想になってしまいましたが・・・
そのつかみどころのなさが、この映画をより面白くしたのかも?

原作も読んでみたいです(^_-)-☆



テーマ : 映画    ジャンル : 映画
 2016_01_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.