あまりにも切なく、悲しい、「青の炎」




貴志祐介さんの「青の炎」


主人公、秀一の追い詰められていく過程が、あまりにも切ない…。


貴志さんの本は、
心に痛く突き刺ささってくるストーリーが多いので、
覚悟して読んだのですが…
思っていた以上に悲しく、心に痛かったです。


母や、妹を守るために秀一がとった行動が、
彼を行き場のない状況へと追い詰めていく。

その心象風景の描き方が絶妙なので、
よけいに秀一に感情移入してしまい、

読んだ後、やるせない気持ちに…涙涙…。




青の炎 本



あらすじ (「BOOK」データベースより)


櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。

女手一で家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。

その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。

母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。

曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、
母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。

警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は
決意する。 自らの手で曾根を葬り去ることを…。

完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。

その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、
日本ミステリー史に残る感動の名作。




ちなみに「黒い家」と比べれば、こちらは全然大丈夫!!何がって…?
「黒い家」は、眠れなくなるほど怖いですから!!(>_<)





蜷川幸雄さん監督で、映画化もされました。


青の炎 MOVIE


蜷川さんの舞台は大好きで「NINAGAWAマクベス」「近松心中物語」など、
幾つか観ていたのですが、映画監督としてはどうなのかしら?

答えは、凄いぞ!!蜷川監督!!

主人公の秀一を演じた、二宮和也さん(嵐)の演技も、
とても繊細で素晴らしかったです。

水槽のシーンが忘れられませんー。


この作品は、本、映画、どちらが先でもOK!



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_18


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.