「サラバ」



西加奈子さんの「サラバ」


※ネタバレ有です!未読の方はスルーして下さいm(__)m


「サラバ(上)」

ひとりの男の人生は、
やがて誰も見たことのない軌跡を描いて、地に堕ちていく。
だが、いまはまだ、その少し手前。

その力の途轍もなさに、
まだ少しも気づいてはいなかった。

サラバとは何か。
    ~「帯紙」より~



バサラ(上)

内容(「BOOK」データベースより)

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、
今度はエジプトへ向かう。
後の人生に大きな影響を与える、
ある出来事が待ち受けている事も知らずに_。




「サラバ(下)」

第152回 直木賞受賞作
本年度最大の衝撃と感動

凄かった。
西加奈子の全部がここにある。
          ―又吉直樹さん(ピース)

こんな作品を書かれた後、
自分は何を書くべきか。途方に暮れた。
         ―朝井リョウさん

TBS「王様のブランチ」
NHKEテレ「SWITCHインタビュー達人達」
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、毎日新聞
共同通信、「anan」「ダ・ヴィンチ」など絶賛紹介!
                 ~「帯紙」より~



サラバ(下)


内容(「BOOK」データベースより)

父の出家。母の再婚。
サトラコヲモンサマ解体後、
世間の耳目を集めてしまった姉の問題行動。
大人になった歩にも、異変は起こり続けた。
甘え、嫉妬、狡猾さと自己愛の檻に囚われていた彼は、
心のなかで叫んだ。お前は、いったい、誰なんだ。




『第一章 猟奇的な姉と、僕の幼少時代』
僕はこの世界に、左足から登場した。

本書は、“左足から登場した”僕の独白で綴られている。

それにしても第一章のタイトルから度肝を抜かれ
書きだしの一行で心を鷲掴みにされる。
西加奈子さん、凄いです!

上巻の1頁を捲ったときすでに『この本は凄いことになるぞ!』
そう予感して読み進めていたのですが…?
読んでいるうちに思っていたのとは違う方向に?

もしかして最後まで僕の人生を読まなくてはいけないのかしら?

そうなんですよ!
本書は一人の人生の軌跡を徹底して描いている
ここまでの長編を僕のみの視点で描いたことに驚愕!

僕こと歩の姉が言った言葉
『あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ』

その言葉を、反発し憎んでいた姉に言われた歩
もちろん今更そんなこと言われても受け入れるわけない
そんな歩にそのことを受け入れさせる為にも
いや、そのことを読者に納得させる為にもこの長い物語が必要だった
そう思います。

読んでいて楽しい物語ではないけれど
心に何かずしっとくる物語でした。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.