「ふる」


西加奈子さんの「ふる」


20冊目となる西加奈子の本はまさに著者新境地作品。

今この瞬間生きていることの温もりと切なさが、
120%胸にしみわたる密度の濃さ。

著者にとってもトライアルでもあったこの渾身の書きおろし作品は、
日常の生々しさをやわらかく包み込み、
すぐ隣にある「奇跡」そのものに気付かされる、
始まりのための物語 。

「みんな自分が好きなんだ。
でも、誰かを愛してるって、強い気持ちがあったら、
その人を傷つけることは怖くなくなるはずなんだ」

----奇跡が空を舞う、書きおろし長編。
           ~紹介文より引用~




ふる

あらすじ(「河出書房新社」より)

池井戸花しす、28歳。
たまたま行った産婦人科で出会った2歳年上のさなえと、
2匹の猫と一緒に暮らしている。

数年前に職場不倫をしていたデザイン事務所を辞めた花しすの今の仕事は、
アダルトビデオへのモザイクがけ。

「いつだってオチでいたい」と望み、
周囲の人間に嫌われないよう受身の態度をとり、
常に皆の「癒し」であろうとして、
誰の感情も害さないことにひっそり全力を注ぐ毎日だった。

一方で、花しすには誰にも言っていない趣味があった。
電源の入ったICレコーダーを常にポケットにしのばせ、
街の音や他人との会話を隠し録りして、
そしてそれを寝る前にこっそり再生し、反芻すること。

くり返し花しすの前に現れる謎の男性、新田人生。

寝たきりのまま亡くなった父の母である祖母、
そしてその祖母を介護していた母。

モニター越しに性器を露にする見知らぬ外国人女優EVRYN。

そして常に傍らに漂う「白いもの」……

花しすが見つめ、他の誰かにいつも見つめられてきた自らの人生。
その記憶を反芻するように、彼女は何度もICレコーダーを再生する。

そんな時、レコーダーから突然声が響く。
「忘れんといてな」
それは花しすの母が、かつて不意に花しすに向けてつぶやいた一言だった----




読後の感想は、正直に言うと
『よくわからなかった・・・』

内容がというよりも、物語の核心がぼやけていて
表現しきれていないような?
作者自身は心から溢れ出てくる思いを
真摯に書き綴ったのだと思いますが
表現が難しく?その思いを私には掴むことができなかった

他の方の読書メーターを読むと、
『感動した』『壮大な物語でした』『心に響きました』etcとあったので
読み説くことができなかったのは、私の感性が鈍いからかも

以前読んだ、西加奈子さんの他の作品「きろいゾウ」は
とても心に響く作品だったので「ふる」も期待していたのですが
本書は私には難解でした^_^;



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_06


Comments

No title 

読んで見たくなりました

いつも、参考になります(*^.^*)

ぐん  URL   2015-12-09 19:11  

Re: No title 

ぐんさん、こんばんわ(^o^)/

> 読んで見たくなりました
> いつも、参考になります(*^.^*)

そう言っていただけると、ブログUPへの励みになります♪
コメントありがとうございますm(__)m
SHION☆彡  URL   2015-12-11 00:57  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.