「幻色江戸ごよみ」



宮部みゆきさんの「幻色江戸ごよみ」


江戸の怪異譚と
人情ばなしを四季折々にたどる
ミヤベ・ワールド新境地!
       ~帯紙より~



幻色江戸ごよみ

内容(「BOOK」データベースより)

盆市で大工が拾った迷子の男の子。
迷子札を頼りに家を訪ねると、父親は火事ですでに亡く、
そこにいた子は母と共に行方知れずだが、
迷子の子とは違うという…(「まひごのしるべ」)。

不器量で大女のお信が、評判の美男子に見そめられた。
その理由とは、あら恐ろしや…(「器量のぞみ」)。

下町の人情と怪異を四季折々にたどる12編。
切なく、心暖まる、ミヤベ・ワールドの新境地!




第一話 鬼子母火
 火が出たのは師走の二十八日の夜・・・
 燃えているのは神棚だった。

第二話 紅の玉
 佐吉の元へ訪れた侍が、紅珊瑚の玉を差し出し
 「これを使って銀のかんざしをこしらえてもらいたいのだ。」
 豪華なかんざしは職人としても作ってみたい…
 でもお縄になってしまうのでは?と、佐吉は躊躇した。
 
第三話 春花秋燈
 この二つの行灯、どっちも曰くつきの品物でして
 私がその曰くを話してお聞かせしましょうよ。

第四話 器量のぞみ
 お信は馬鹿にされていると思った。
 お信はちゃんと自分でも承知している。
 あたしは醜女だと。大女だと。

第五話 庄助の夜着
 古着屋で夜着を買った庄助は妙に嬉しそうだった。
 いつもは無口な庄助が、うまい買物だったと悦にいっている。
  
第六話 まひごのしるべ
 市兵衛が差配をつとめる長屋のつやが迷子をつれてきた。
 その子が下げていた迷子札を頼りに訪ねたら
 三年前に火事で父親は死に、母子は行方知れずだという…。
 
第七話 だるま猫
 火消しの男を間近に見、文次は決めたのだ。
 「大人になったら火消しになるんだ、と。」

第八話 小袖の手
 「つくも神」というのはね、家の中で使っている道具が
 長いこと使われているうちに生き物のように精気を帯びることがある
 それを差して呼ぶ言葉なんだそうだ。

第九話 首吊り御本尊
 奉公が辛くて逃げ出した捨松
 しかしすぐに連れ戻されてしまった。
 大旦那さまがお呼びだよ―と伝えられたのは
 連れ戻されてから数日後のことだった。
 
第十話 神無月
 毎年神無月にただ一度だけ押し込みを働いて
 あとの一年はなりをひそめている― 
 そんな律義な賊はどんな野郎だ?不思議でしょうがない。

第十一話 侘助の花
 「実はね質善さん。あたしに隠し子ができちまったんです」
 とっさについた出任せが仇になり、
 「あたしがその生き別れになった娘だよ」と、女が名のり出てきたという。

第十二話 紙吹雪
 たもとから取り出した細かな紙きれは、ぎんの手を離れると
 たちまち風に乗って舞い落ちる。あとから、あとから。



江戸の市井の人々の生きざまを描く短編集。
四季折々の風物を背景として描かれる十二の不思議な物語。

宮部さんの描く日常と異界の境界は不思議の吹き溜まり!?

その不思議を生みだしているのは、人の心の隙間に入り込んだ
正気と狂気、人の持つ強靭さと残酷さ、美醜に振り回される人の愚かさ
優しさと哀切、怪異に搦め取られた寂しい人々、等々。

読後の感想は、僅かですが心温まる場面もありました。が、
切なさ、侘びしさが主の物語が多かったです。
でも、宮部ワールド充分楽しむことができました。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_11_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.