「越前宰相秀康」



梓澤要さんの「越前宰相秀康」


『家康が恐れた息子』

双子であるが故、家康に疎まれ、秀吉に養子に出され
さらには関東の名族結城家の養子に納まった
若き武将の短くも波乱に満ちた一生。
            ―帯紙より―


『父上は何をそれほど必死になっておられるのか』
その瞬間、不意に、父の心底が読めた。

__恐れているのだ。
この秀康を信じきれず、疑心暗鬼にかられておるのだ。
幼い頃、慈しんでやらなかった
人質に出したからには父でも子でもない、
殺されようが知ったことかと公言した、
秀康はいまでもそのことを恨んでいるのではないか。
                  (本文より)




越前宰相秀康

内容(「BOOK LIVE」より)

家康が恐れたただ一人の息子――
父・家康に疎まれ、秀吉の養子に出された秀康。

関ヶ原の戦いの後に越前、福井藩の藩祖となり
徳川幕府を支えた男の波乱に満ちた生涯。

家康を父に持つ於義丸は双子で生まれたため、忌避される。
兄信康のとりなしで家康に息子として数年後に認知させた。

しかし、秀吉の養子として徳川家を出され、豊臣秀康と名乗らされた。
それも束の間、関東の名族結城家に養子に出され、
父・家康の監視役とされる。

家康が恐れた息子の短くも波乱の生涯を描く歴史巨編。





徳川家康、豊臣秀吉をテーマにした時代小説は
今までに山岡荘八さんの『徳川家康』をはじめ、複数読みましたが
二代将軍秀忠の兄・秀康を描いた本は、本書が初めてです。

秀吉登場のシーン、特に晩年はいつも読みながら停滞?してしまうのですが
(秀吉はどちらかというと苦手な私…^_^;)
本書はすんなりと読み進めることができました。
秀康目線で描かれていることで、以前読んだ本と視点が変わったお陰!?

家康に疎とまれた息子といえば
二男・秀康と六男・忠輝の二人が有名!?
以前読んだ隆慶一郎さんの『捨て童子・松平忠輝』では
読みながら号泣するほどの読み応えがありましたが
本書「越前宰相秀康」にはあまり感情移入することなく
最後のページまで淡々と読めました。

徳川家康時代を読み過ぎてしまい感動しにくくなったのかしら?

まぁ、悲劇的度合いでいえば忠輝に軍配が上がるので
秀康で泣けなくても仕方が無いか…^_^;

本の内容としては少し目線を変えて歴史を覗き見たようで
興味深く最後まで楽しんで読めました。
家康の母・お大が意地悪に描かれるなどetc・・・面白かったですよ(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_11_13


Comments

No title 

秀康は出雲阿国の踊りを見て、阿国は女ながらも天下をとった、それに引き換え…と泣いたという挿話でも有名ですね。出雲阿国のことはどのくらい書かれているのでしょうか。
たんめん老人  URL   2015-11-14 11:09  

Re: No title 

たんめん老人さん、コメントありがとうございますm(__)m

> 出雲阿国のことはどのくらい書かれているのでしょうか。

残念ながら本書では出雲阿国は登場していなかったように思います。
家康、秀忠、松平一門を招いて饗応し余興に相撲が行われた。とだけ記されていました。
作者が頁の都合で、もしくは有名な逸話なのであえて省いたのかしら?



SHION☆彡  URL   2015-11-15 01:58  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.