「百瀬、こっちを向いて。」

Category: 映画 > ・邦画  


早見あかりさん主演「百瀬、こっちを向いて。」


冴えない少年が、先輩の2番手の彼女との偽装交際を頼まれる。

報われない恋と知りながら心は揺れ……。

元ももいろクローバーの早見あかりがヒロイン役を演じた恋愛ドラマ。
                      ~WOWOWより~


※早見あかりさん、元ももクロメンバーだったのね?
 知らなかった^_^;
 『ラーメン大好き小泉さん』で初めて知った女優さん
 ラーメンの食べっぷりの良さで印象に残っていましたが
 元ももクロだったとは…(しつこい^_^;)




百瀬、こっちを向いて MOVIE

解説(「WOWOW」より)

人気作家・乙一が中田永一名義で発表、
“恋愛の持つ切なさすべてが込められた、
みずみずしい恋愛小説”と称された同名小説を映画化。

映画館で流れる意見CM“NO MORE 映画泥棒”の演出をはじめ、
CMやPVで高い評価を受ける耶雲哉治が監督を手掛けた。

大人になった主人公ノボルと憧れの先輩との再会から
青春時代の回想が展開。

早見演じる百瀬と竹内太郎演じる高校時代のノボルの
切ない恋が浮かび上がる。

映画初主演の早見が百瀬の揺れる心を繊細に演じ、
劇中に出てくる“花言葉”が巧みに使われている。



内容(「WOWOW」より)

高校卒業以来、久々に故郷に降り立った30歳のノボル。

彼は変わらぬ街並みに触れ、ある“嘘”を思い出す。

15年前、高校に入学したノボルは、
他人とうまく関われない自分は女の子とは一生縁がないと諦め、
冴えない毎日を送っていた。

ある日、彼は幼なじみで人気者の先輩・瞬から
隣のクラスの百瀬を紹介される。

本命の彼女がいるのに瞬と百瀬が交際中との噂が流れ、
困った瞬はノボルと百瀬の交際を偽装しようというのだが……。



(CAST)
百瀬陽(15歳)⇒早見あかりさん

相原ノボル(15歳)⇒竹内太郎さん
     (30歳)⇒向井理さん

神林徹子(18歳)⇒石橋杏奈さん

宮崎徹子:33歳時の神林徹子⇒中村優子さん

宮崎瞬⇒工藤阿須加さん

田辺真治:ノボルの友人⇒ひろみさん(第2PK)

相原悦子:ノボルの母⇒西田尚美さん
ほか


監督⇒耶雲哉治さん
原作⇒中田永一さん
脚本⇒狗飼恭子さん
音楽⇒ 阿南亮子さん
主題歌⇒WEAVER「こっちを向いてよ」




中田永一さん原作「百瀬、こっちを向いて」


百瀬、こっちを向いて BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

「人間レベル2」の僕は、
教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。

野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。

しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。

「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」

恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。




原作は未読です。

映画はWOWOWで放送されたので観ましたが
ありがちな青春映画?だと思っていたら
いやいや、なかなか面白かったですよ(^_-)-☆

百瀬役の早見さん嵌まり役でした♡

ただ15歳のノボルを演じた竹内さんが
15年後に向井さんになる!?カッコよくなりすぎ!
(竹内さんごめんなさいm(__)m)


作品の要は花言葉?
人間関係の機微が花言葉で表現されており
一見優しそうな神林さんが一番凄かった
恋する女性は強し!!

観終えた後余韻の残る映画でした。




テーマ : 日本映画    ジャンル : 映画
 2015_09_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.