「EPITAPH東京」



恩田陸さんの「EPITAPH東京」



「あなただけにお教えします。
 あなたは僕と同じようにこの街の秘密を探している、
 いわば同志ですから。」

吸血鬼に導かれ、
東京を彷徨う“筆者K”

街の秘密を支配する死者たちの記憶とは?

東京にふさわしい墓碑銘とは何か。
           ~帯紙より~




EPITAPH東京

内容(「BOOK」データベースより)

東日本大震災を経て、東京五輪へ。

少しずつ変貌していく「東京」―。

その東京を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている“筆者”は、
ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。

吉屋は、筆者に
「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが…。

将門の首塚、天皇陵…
東京の死者の痕跡をたどる筆者の日常が描かれる「piece」。

徐々に完成に向かう戯曲の内容が明かされる作中作「エピタフ東京」。

吉屋の視点から語られる「drawing」。

三つの物語がたどり着く、その先にあるものとは―。

これは、ファンタジーか?ドキュメンタリーか?

「過去」「現在」「未来」…一体、いつの物語なのか。

ジャンルを越境していく、恩田ワールドの真骨頂!!




本書を読んだ感想は、まず一言 “装丁&構成にビックリ!”

色つき頁は企画物としては面白いアイデアだと思いますが
私の視力では少々読みづらく…
おもわず読み飛ばしてしまいたい衝動に…^_^;
でもちゃんと全ての頁を(ガンバッテ)読み切りましたよ!

内容は、フィクションとリアルが混在しているので
どうにもつかみどころのない不思議な物語

著者の記憶の断片を切り取り
物語のピースに無理やり張り付けた印象でした。

(一つ一つのピースに描かれているエピソードが
 私が昔読んだ本や、随分前に観た映画、etc...出てきたので
 懐かしく、興味深かった。)

挿入されていた写真や挿絵も面白かったです(^_-)-☆

ただ恩田陸さんの小説を読み慣れていない方には
あまりお薦めできないかな・・・
先に恩田さんの小説を充分に楽しんだ後
本書を手にした方がいいのでは!?そう思います。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.