「ソロモンの偽証(第Ⅱ部・決意)」



宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証(第Ⅱ部・決意)」


『あの頃のあなたに、「覚悟」はありましたか?』

保身に身をやつす教師を見限り、
学校内裁判を開廷する。
期間は、わずか15日_。

不可解な弁護人の降臨を機に、証人探しは加速する。
14歳の夏をかけた決戦 カウントダウン!

騒動の渦中にいるくせに、僕たちは何も知ろうとしなかった。
けど、彼女は起ちあがった。
校舎を覆う悪意を拭い去ろう。
裁判でしか真実は見えてこない!
彼女の覚悟は僕たちを揺さぶり、学校の壁が崩れ始めた…。

気がつけば、走り出していた。
不安と圧力の中、教師を敵に回して_。

他校から名乗りを上げた弁護人。
その手捌きに僕たちは戦慄した。
彼は史上最強の中学生か、それともダビデの使徒か_。
開廷の迫る中で浮上した第三の影、そしてまたしても犠牲者が…。
僕たちはこの裁判を守れるのか!?
          ―帯紙より―




ソロモンの偽証(第Ⅱ部)BOOK

内容紹介

期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ!

14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン!
もう大人たちに任せておけない――。

保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、
一人の女子生徒が立ち上がった。

校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、
学校内裁判を開廷しよう!

教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。

そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。
その手捌きに一同は戦慄した…。




映画『ソロモンの偽証(後編)』


ソロモンの偽証(後編)MOVIE

解説(「シネマトゥデイ」より)

宮部みゆきのミステリー巨編を映画化した『ソロモンの偽証』の後編。

男子生徒の転落死により動揺が広がる中学校内で、
生徒たちが自主的に行う校内裁判の様子を臨場感たっぷりに映し出す。

前編同様成島出監督がメガホンを取り、
佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華といった実力派キャストが集結。
オーディションによって選出された生徒役たちも続投する。

裁判によって明らかになる、ショッキングな真相に言葉を失う。




あらすじ(「シネマトゥデイ」より)

被告人大出俊次の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、
神原和彦は大出の出廷に全力を尽くす。

同様に藤野涼子も浅井松子の死後、
沈黙を続ける三宅樹理に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。

涼子は柏木卓也が亡くなった晩、
卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り…。


【CAST】(「wikipedia」より抜粋して借用しました)
藤野涼子:本作の主人公。学校内裁判を提案する。検察官(検事)を務めた→藤野涼子
神原和彦:小学校時代の柏木の友人。私立東都大学付属中学校生徒にして弁護人を務める→板垣瑞生
三宅樹理:自称柏木殺害現場目撃者。告発状の主で、証人になった→石井杏奈
大出俊次:告発された少年。城東区では有名な不良。裁判の被告人→清水尋也
浅井松子:三宅の友達。交通事故で死亡する→富田望生
野田健一:柏木の遺体の第一発見者。弁護助手→ 前田航基
柏木卓也:物語序盤で謎の転落死を遂げる→望月歩
倉田まり子:涼子の親友で陪審員。向坂行夫とは幼馴染→西畑澪花
向坂行夫:陪審員。倉田まり子とは幼馴染→若林時英
竹田和利:陪審員長。バスケット部主将→六車勇登
小山田修:陪審員。将棋部主将→羽下直希
蒲田教子:陪審員→森田想
溝口弥生:陪審員→榎本実優
勝木恵子:陪審員。大出俊次の元彼女→加藤実祐紀
原田仁志:陪審員→宮野薫
山埜かなめ:陪審員→大井絵梨花
井上康夫:第三学年きっての秀才。裁判官(判事)を務める→西村成忠
井口充:大出の手下的存在。証人となった→石川新太
橋田祐太郎:同じく大出の手下。証人として出廷した→加藤幹夫
佐々木吾郎:検察事務官→石田飛雄馬
萩尾一美:検察事務官→鈴木きらり
山崎晋吾:廷吏を務める。家は道場である→大西航平
藤野剛:涼子の父。警視庁刑事部捜査一課の警察官→佐々木蔵之介
藤野邦子:涼子の母。司法書士→夏川結衣
三宅未来→三宅樹理の母→永作博美
森内恵美子:隣人垣内に嫌がらせを受け、怪我を負った。元教諭。事件当時の2-Aの担任→黒木華
佐々木礼子:少年課の女性刑事→田畑智子
浅井洋平:事故死した、浅井松子の父→塚地武雅
浅井敏江:松子の母→池谷のぶえ
茂木悦男:放送局HBSの記者。裁判の検察側の証人になる→田中壮太郎
垣内美奈絵:森内に嫌がらせをし、告発状をマスコミにリークする→市川実和子
大出勝:俊次の父で大出集材の社長。放火etc裁判開始前に逮捕される→高川裕也
大出佐知子:俊次の母で勝の妻→江口のりこ
高木学年主任:興奮して涼子に体罰を行った→安藤玉恵
楠山教諭:開廷に反対の教諭→木下ほうか
岡野校長代理:教頭で校長代理→井上肇
尾崎養護教諭:生徒から慕われる優しい養護教諭→中西美帆
柏木則之:卓也の父→宮川一朗太
垣内典史:垣内美奈絵の別居中の夫→浜田学
小林修造:電気店の店主→津川雅彦
上野素子:校長→余貴美子
北尾教諭:裁判開廷に賛成の教諭→松重豊
津崎正男:元校長。卓也自殺の件で責任を負って辞職→小日向文世


監督→成島出
脚本→真辺克彦
音楽→安川午朗



原作を先に読みたかったので、映画はまだ観ていません。
第Ⅲ部を読み終えたら、すぐにでも映画を観たいのですが
(映画館での上映は終了…レンタルもまだ無理)
レンタル開始日(※2015年の8月19日?)を待つしかないですね^_^;


ソロモンの偽証(第Ⅲ部・法廷)、映画(前・後編)共に今から楽しみです!
まずは、完結編の第Ⅲ部を読まなくては!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_06_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.