「隠密 奥右筆秘帳(七)」「刃傷 奥右筆秘帳(八)」



上田秀人さんの「隠密 奥右筆秘帳(七)」


『幕政の実力者松平定信を敵に回した併右衛門は、
 将軍謀殺をはかる黒幕に迫れるか?』



※以下、多少ネタバレ有!これから読む方はスルーして下さいね^_^;


隠密

内容(「背表紙」より)

一族との縁組を断り、松平定信を敵に回した立花併右衛門。

だが愛娘瑞紀は、なんと縁談相手の旗本家に掠われてしまう。

それでも定信は、将軍家斉の暗殺未遂事件の黒幕探しを
併右衛門にあえて依頼する。

併右衛門をかばい手裏剣を肩に受けた衛悟に殺到する刺客たち。






「刃傷 奥右筆秘帳(八)」


『衛悟を立花家の、愛娘瑞紀の婿に迎えよう。
 そう決意した併右衛門に、まさかの切腹の危機が!』

『殿中法度の罠から脱出なるか』
         ―帯紙より―



刃傷

内容(「背表紙」より)

「この間の遺恨覚えたか」と、衛悟のいない江戸城中で
突然、刺客に斬りつけられた併右衛門は、
脇差で受けるも鞘が割れ、白刃をさらしてしまう。

殿中法度にふれた咎で、目付に捕らわれ、切腹、
お家断絶まで覚悟する併右衛門。

筆で生きてきた奥右筆に、危難から脱出する秘策はあるのか!?





併右衛門と衛悟を狙う輩がどんどん増えていく?

衛悟が律義屋で知り合った願人坊主の覚蝉までもが敵に…?

殿中で伊賀者に襲われた併右衛門
身を守る為にとっさに抜いた脇差の鞘を曲者に割られ
白刃をさらしたことで目付の取り調べを受けることに。

お広敷伊賀伊賀者は執念深く併右衛門を狙い続け
ついに瑞紀にまで刃を向けた!
冥府防人の助けで事なきを得るが…
冥府防人は衛悟に『立ち合え!』と迫る!

でも冥府防人には、衛悟達が窮地に陥った際
何度か助けてもらっていて…よくわからない人だなぁ(?_?)


やっと衛悟と瑞紀の縁組が決まったというのに
二人の前には、まだまだ一波乱も二波乱もありそうです(>_<)





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_05_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.