「纂奪 奥右筆秘帳(五)」「秘闘 奥右筆秘帳(六)」



上田秀人さんの「纂奪 奥右筆秘帳(五)」


『二十三人の甲賀忍を
 たった一人で全滅させてみせる男がいる!』
              ―帯紙より―



纂奪

内容(「BOOK」データベースより)

権の魔に魅入られた者の業は深い。

将軍家斉の父一橋治済、
執政から外れた松平定信、
御三家の一角水戸徳川家。

将軍位簒奪を狙う暗闘は熾烈を極める。

幕政の闇を知る奥右筆組頭立花併右衛門と
危地を潜ってきた柊衛悟に、
破格の婿入り話が。

二人の絆もこれまでか!?





「秘闘 奥右筆秘帳(六)」


『将軍継承最大の謎
 鷹狩り直後の家基変死に併右衛門が迫る!』
              ―帯紙より―


秘闘

内容(「BOOK」データベースより)

立花家の一人娘瑞紀にもたらされた格違いの婿取り話。

糸を引くのは奥右筆組頭を手駒にしたい松平定信か。

苦悩しつつも立花併右衛門は、将軍継嗣最大の謎、
家基急死事件の驚くべき真相に迫っていた。

そして定信憎しの一橋治済は、
謀殺の命をついに冥府防人に下す。




「纂奪」「秘闘」、面白すぎて一気に読んでしまった!
特に「秘闘」では衝撃的な動きがあり!?
そのまま続きへ・・・
併右衛門、衛悟、瑞紀…どうなる?

次巻を読むのがホント楽しみです(^^)





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_05_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.