「ヒア・カムズ・ザ・サン」

Category: あ行の作家 > ・有川浩   Tags: 有川浩  


有川浩さんの「ヒア・カムズ・ザ・サン」



『大切な記憶を辿って、
 いま、物語の奥へ。』

有川浩 meets 演劇集団キャラメルボックス
小説 ✕ 演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光!


 “真也は30歳、出版社で編集の仕事をしている。
 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
 強い記憶は鮮やかに、何年経っても、鮮やかに、
 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
 カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
 父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
 しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。”


わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説
大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく
有川浩が贈る、物語という希望。
              ~帯紙より~



ヒア・カムズ・ザ・サン BOOK

内容(「新潮社」より)

編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。

手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。

ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。

彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、
真也が見た真実は──。

確かな愛情を描く表題作と
演劇集団キャラメルボックスで上演された舞台に着想を得た
「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」を収録。

有川浩が贈る物語新境地。






演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」
 

ヒア・カムズ・ザ・サン 演劇

内容(Yahoo!より)

物に染み付いた記憶を読み取ることができる青年の目を通して語られる、
不器用な父親と娘の交流を描いた『ヒア・カムズ・ザ・サン』。

思い出と記憶にまつわる優しい物語。


※演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアターで
  成井豊氏による同名の新作舞台
  「水平線の歩き方/ヒア・カムズ・ザ・サン」として上演された。



本書は、『ヒア・カムズ・ザ・サン』と
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』2つの物語からなる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』は有川浩さんの完全オリジナル。
一方『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は
舞台ヒア・カムズ・ザ・サンに着想をうけて執筆されたが
『舞台のノベライズ』とは異なり、人名や物語の大枠は共有しているが
話そのものは別物となっている。



2作品とも面白かったのですが、どちらかというと
『ヒア・カムズ・ザ・サン』の方がホロリとくる物語で
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』では、ホロリとはしませんが
エンディングにホットしたかな!?

演劇版を観ていないので、3つ目の物語が
どういった内容なのか気になります。






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.