「百年法」



山田宗樹さんの「百年法」


「百年法」一年以上本棚に積んでいた本です。

やっと読みました^_^;


上下巻を一気読みするほど面白かったです!

早く読めばよかった!!


不老不死を扱った物語は他にもありますが
本書で起こった問題は→(下巻の第四章『真の危機』)
超高齢化社会に突入している日本の未来を
表しているようで身につまされました…。

私たち大人は、子ども達へ何を残すことになるのか
莫大な借金を、そのまま子どもの世代に
背負わせていいのですか?
そう問いかけられているようでした。



百年法 上

内容(「BOOK」データベースより)

原爆が6発落とされた日本。

敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。

すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。

しかし、世代交代を促すため、
不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという
法律、“生存制限法”も併せて成立していた。

そして、西暦2048年。

実際には訪れることはないと思っていた
100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。

経済衰退、少子高齢化、格差社会…
国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。





百年法 下

内容(「BOOK」データベースより)

不老不死が実現した社会。

しかし、
法律により100年後に死ななければならない
“生存制限法”により、
100年目の死に向き合うことになった日本。

“死の強制”をつかさどる者、それを受け入れる者、
抗う者、死を迎える者を見送る者…
自ら選んだ人生の結末が目の前に迫ったとき、
忘れかけていた生の実感と死の恐怖が、この国を覆う。

その先に、新たに生きる希望を見出すことができるのか!?

構想10年。

最高傑作誕生。





【生存制限法(通商:百年法)】

不老化処置を受けた国民は
処置後百年を以て
生存権をはじめとする基本的人権は
これをすべて放棄しなければならない



【上巻・帯紙より】

実現した不老不死。
しかし―法律により百年後に
死ななければならない。

自から選んだ生の期限―
これを自業自得と言えるのか!?

国難を迎える日本に捧げる
衝撃の問題作!


【下巻・帯紙より】

百年目の“死の強制”を迎えた
日本国民の選択と運命は―!?

日本人よ―自らの選択に、覚悟はあるか!



感想を書くとネタバレになってしまうので…

少しでも興味を持たれた方は
とりあえず読んで見て下さい。
お薦めです!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_02_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.