「ラッシュ/プライドと友情」

Category: 映画 > ・洋画  


F1の世界を描いた「ラッシュ」


1970年代のF1レース界を舞台に、
好敵手として競い合った伝説的ドライバー、
ジェームス・ハントとニキ・ラウダの死闘と
知られざる友情を描いた感動の実録ドラマ大作。



ラッシュ

解説(「WOWOW」より)

「アポロ13」の巨匠R・ハワードが
F1界の伝説を映画化した力作。

1976年のグランプリをクライマックスに、
宿命のライバルとして互いを認め合い、
競い合ったハントとラウダ、
対照的な2人のレーサーの軌跡を描く。

「マイティ・ソー」のC・ヘムズワーズが
天才肌ながら精神的にもろい部分も持ったハント役を、

「グッバイ、レーニン!」のD・ブリュールが
頭脳派だが大事故からよみがえる不屈の闘志を秘めた
ラウダ役を熱演。

当時のF1マシンを再現した、
ドキュメンタリーと見まごう迫真の映像も見ものだ。





内容(「WOWOW」より)

感性で走る天才型でプレーボーイとしても名高いハント、
緻密な計算でレースを支配する
頭脳派にしてストイックなラウダ。

対照的なレーサーの2人は
F3時代から互いをライバルと認め、
しのぎを削っていた。

自動車レースの最高峰、F1に舞台を移してからも
その関係は続き、1976年、2連覇を目指すラウダと
悲願のチャンピオンを狙うハントが死闘を繰り広げる。

そして第10戦、ドイツGPで2人の運命を揺るがす事件が起きる。






「伝説のF1チャンピオン 
ニキ・ラウダ/プライドをかけた33日間の死闘」



伝説のF1ドライバー、N・ラウダが
瀕死の重傷を負った事故から
復帰を遂げるまでの33日間を通じ、
モータースポーツの魅力や安全対策の発展を綴った
ドキュメンタリー。


(実際のラウダとハント)
ラウダとハント

解説(「WOWOW」より)

J・ハントとラウダのライバル関係を題材にした話題作
「ラッシュ/プライドと友情」でも描かれた、
1976年ドイツGPにおけるラウダの大事故と、
瀕死の重傷から奇跡の復帰を遂げるまでの
33日間に迫ったドキュメンタリー。

当時の記録フィルムなど、
貴重な映像が多く収録される。ラウダやハントに加え、
往年の名ドライバー、J・スチュワートらが当時を語るほか、
2008年・2014年のF1チャンピオン、L・ハミルトンらも登場、
モータースポーツの魅力や
マシンの安全性向上についてコメントを寄せる。




内容(「WOWOW」より)

1976年のF1ドイツGP。

開催地ニュルブルクリンクサーキットは設計が古く、
危険性の高いサーキットとして知られていた上、
当日は気象条件も悪く、
ラウダはレースの中止を呼びかけていた。

だが投票の結果、開催が決定。

不安を抱えたままレースに臨んだラウダは、
マシンが炎上する大事故に遭遇してしまう。

全身にやけどを負い、
有毒ガスを吸ったラウダは死のふちをさまよい、
奇跡の復帰までの33日間の戦いが始まった。





ドキュメンタリーを先に見て
映画「ラッシュ」を見たので
とても気持ちが入ってしまい
手に汗握るとはこのことか?というくらい^_^;
興奮して映画を見ていました。

日本グランプリ『富士スピードウエイ』での
土砂降りの雨の中での最終戦
まるで本物のF1レースを観ているようで
ハラハラドキドキでしたよ。

そして
衝撃の大事故のシーンは、ホントにショッキングで…


映画を見ているのに、ドキュメンタリー?と錯覚するほど
臨場感溢れる素晴らしい映画でした。
面白かったです!!


F1に興味のない方でも楽しめる映画だと思います。





テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2015_02_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.