「等伯」



安部龍太郎さんの「等伯」


第148回直木賞受賞。


本書「等伯」は、安土桃山時代に活躍した絵師、
長谷川等伯の生涯を描いた物語です。


装画に等伯の国宝「松林図屏風」(部分)が使われており
思わず手に取ってしまうほど装丁も素晴らしい。



[上巻]
三十三歳で能登から上洛。
物事の本質を見極めたいという絵師の性と
荒ぶる武家の血が、妻子とともに苦難の道を歩ませる。
そして、本能寺の変が運命を変える。


[下巻]
都で地歩を固め、信長が重用した狩野永徳と対決。
長男・久蔵の狩野派入りと秀吉の朝鮮出兵を巡り
永徳の死後、両派の確執は深まる。
「松林図」はなぜ描かれたのか。





「等伯(上)」
等伯 上巻

内容(「BOOK」)データベースより

「あなたの絵には真心がある」。

養父母の非業の死により故郷を追われ、戦のただなかへ。

激動の戦国の世と法華の教えが、画境を高みに誘う。

長谷川「等伯」の誕生を骨太に描く傑作長篇。





「等伯(下)」
等伯 下巻

内容(「BOOK」データベースより)

誰も見たことのない絵を―

狩野派との暗闘
心の師・千利休の自刃…
秀吉の世に台頭する長谷川派を次々と襲う悲劇。

窮地に立たされた等伯は、命をかけた一枚に挑む。

亡き者たちを背負い、おのれの画境に向かう。

とこしえの真善美、等伯がたどりついた境地。





等伯や永徳の存在・絵については
ある程度は知っていましたが
長谷川派と狩野派の確執や、
歴史上の有名な人物との関わり等
(私が知らなかったことが)
とても興味深く描かれており、とても面白かったです。
上下巻を一気読みするほど
最後まで夢中になって読むことができました。


本書を読み終えた後
等伯や永徳の絵を、実際に見てみたい!
特に『松林図屏風』をじっくり見てみたいなと
そんな気持ちになりましたよ(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_02_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.