「不安な童話」

Category: あ行の作家 > ・恩田陸   Tags: 恩田陸  


恩田陸さんの「不安な童話」


恩田さんの初期の頃の作品ですが
恩田ワールドはその頃から変わらないです。


「語られざるもの」の余韻を残したまま、最後の頁が閉じられる
突き放された読者が味わう奇妙な宙吊りの感覚こそ
おそらくはミステリというジャンルに対する
恩田陸流のエレガントな回答なのだろう。
              ~あとがきより~

大森望さんの解説を読んで、“正しく”と唸ってしまった!

確かに恩田作品は奇妙な幕引きが多いです。
後は好きなように解釈してと突き放される感じ!?
そこが恩田ワールドのお面白いところで
私はその宙吊り感が好きですね(^_-)-☆


不安な童話


内容(「BOOK」データベースより)

私は知っている、このハサミで刺し殺されるのだ―。

強烈な既視感に襲われ、
女流画家・高槻倫子の遺作展で意識を失った古橋万由子。

彼女はその息子から
「25年前に殺された母の生まれ変わり」と告げられる。

時に、溢れるように広がる他人の記憶。

そして発見される倫子の遺書、
そこに隠されたメッセージとは…。

犯人は誰なのか、その謎が明らかになる時、
禁断の事実が浮かび上がる。




ー目次ー

プロローグ

第一章 遠い海への道のりは、
      ある日、突然に始まる

第二章 海に向かう道は、
      長くれじれている

第三章 すべての道が、海に、
      つながっているように見える

第四章 中には、海を見ずに
       終わる者もいる

第五章 海に続く道

エピローグ



本作「不安な童話」では、輪廻転生を扱っているのですが
思いのほかエレガントなホラーミステリになっていました。

恩田さんの作品のわりには
スッキリと事件が解決したので
“これで終わるの?”と思っていたら
最後に仕掛けがありましたね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.