「ザ・万歩計」



万城目学さんの「ザ・万歩計」


『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』等
奇想天外な物語を世に送り出し続けている
万城目学さんの初エッセイ

電車で読めないくらい(笑いを堪えるのが大変^_^;)
面白いエッセイでした。

『御器齧り戦記』は、心底可笑しいのですが
御器齧り参上のシーンを想像すると!?
万城目さんお気の毒に…アーメン

『渡辺篤史ごっこ』での
「おおお、フェルメールの明りが」の
渡辺さんの言葉には感動!

時系列、内容もバラバラなのですが
万城目ワールドを、しっかり楽しめました(^_-)-☆


ザ・万歩計

内容(「BOOK」データベースより)

少年時代に大阪で阿呆の薫陶を受け、
大学時代に自分探しの旅先で全財産を失い、
はては作家目指して単身東京へ。

ホルモーでついに無職を脱するも「御器齧り」に苛まれ、
噛みまくるラジオに執筆を阻まれ、
謎の名曲を夢想する日常は相変わらず。

そのすべてを飄々と綴った初エッセイ集。

文庫版あとがき「その後の万歩計」を収録。




モンゴルでのトナカイとの出会いが
『鹿男あをによし』へと繋がっていく

猫の“ねね”の話にはホロリとさせられ

最初から最後までとても興味深く
楽しく読むことができました。

万城目さんのエッセイ集
あと2作品あるので
『ザ・万遊記』『ザ・万字固め』も
是非読みたいな!と思いました(^^)






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.