「夏の名残りの薔薇」

Category: あ行の作家 > ・恩田陸   Tags: 恩田陸  


恩田陸さんの「夏の名残りの薔薇」



“この殺人事件は真実か幻か!?” ー帯紙よりー


恩田さんらしいステキな装丁と構成の本作

目次も洒落ていて

「主題」
「第一変奏」
「第二変奏」
   ↓
「第六変奏」

各章は正しく変奏曲です♪

主題が繰り返される度に変化していき
物語に深みを増していく…


本作は、アラン・レネ監督映画『去年マリエンバートで』の
オマージュと後がきにもありましたが
私、『去年マリエンバートで』を見ていなくて…
映画を見た後だと本作への思いはもっと深くなったのかな?



夏の名残りの薔薇

内容(「BOOK」データベースより)

山奥のクラシックなホテルで、毎秋開かれる豪華なパーティ。

その年、不吉な前兆とともに、次々と変死事件が起こった。

果たして犯人は…。

巧妙な仕掛けで読者に挑戦する渾身の一作。





今日紹介した恩田陸さんは、
当ブログにて一番多く紹介している作家さんです。

なんと「夏の名残りの薔薇」で33冊目!!

それで今年最初に紹介する本も
恩田さんの作品の中から選ばさせてもらいました♡


私が今までに読んだ恩田さんの本は44冊なので
残りの11冊もいつか紹介したいと思っています。


実は、本棚にまだ読んでない恩田作品もあり…
(どれだけ好きなの^_^;)
でもまだ未読で…

読むために購入したのに何故未読?

それはですね、
図書館で借りて毎月5~10冊ほど読むので
購入した本は、どうしても後回しになってしまい…

恩田陸著『私と踊って』や、山埼豊子著『約束の海』
万城目学著『とっぴんぱらりの風太郎』
百田尚樹著『海賊と呼ばれた男』等々
随分前に購入したのにまだ読んでいない(>_<)

ちなみに、昨年一年間に読んだ本の冊数は96冊でした。

年間トータル100冊読むつもりで、年末に図書館で4冊借り、
2冊文庫本を購入したのですが…
2冊しか読めずにタイムリミット^_^;

ということで
年間100冊読む!という無謀な目標は捨て
“本棚の未読本読みます!”が、今年の目標かな!?


こんな私の拙いブログですが、今年もヨロシクお願いしますm(__)m





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_01


Comments

No Subject 

あけましておめでとうございます 今回はいつもにもまして興味深く拝読しました。『去年マリエンバートで』はヨーロッパの保養地で展開される恋愛ドラマですが、アラン・ロブグリエ原作、アラン・レネ監督ということで美しい映像にもかかわらず、きわめて難解な映画です。とにかく、一度ご覧ください。なお、「夏の名残の薔薇」という歌が昔の小学唱歌「庭の千草」の原曲であることは御承知だと思いますが、この歌はウィルキー・コリンズの傑作『月長石』とジュール・ヴェルヌの『南十字星』という2つの小説作品の中で効果的に使われています。こちらもまだであれば、ご一読を。
たんめん老人  URL   2015-01-01 11:09  

Re: No Subject 


たんめん老人さん、あけましておめでとうございます

映画『去年マリエンバートで』も是非見てみたいと思いますが
『月長石』と『南十字星』も、興味深い紹介コメントを頂き
「庭の千草」“小説作品の中で効果的に使われています”を
是非チェックしたいと思いました。

両作品とも今から読むのが楽しみです♪
貴重なコメントを頂き、ありがとうございましたm(__)m
SHION☆彡  URL   2015-01-05 21:49  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.