「黒い家」



貴志祐介さんの「黒い家」


今回は、初めてのサイコサスペンス&ホラー小説の紹介です。

本書「黒い家」、だいぶ前に読んだ本なのですが
あまりの衝撃で…

まずは読後の感想を一言。

“怖い!!” 
恐怖の塊のような本でした

本書を読んだ日の夜は
あまりの恐怖で、眠れなくなってしまったほど…
ホント怖かった(>_<)

第4回日本ホラー小説大賞受賞作。
ホラー小説大賞受賞、納得です!




黒い家

内容(「BOOK」データベースより)

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で
保険金の支払い査定に忙殺されていた。

ある日、顧客の家に呼び出され
期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。

ほどなく死亡保険金が請求されるが
顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は
独自調査に乗り出す。

信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。

恐怖の連続、桁外れのサスペンス。

読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く
衝撃のノンストップ長編。

第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。




映画化されました


黒い家 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

世間を騒がせた連続保険金詐欺事件を思わせるような
戦慄のサイコサスペンス。

「39 刑法第三十九条」の鬼才・森田芳光監督が
人間性を持たないような犯人の恐怖を描写。

“この人間には心がない……”。

障害者保険を受け取るため、
自身の体を傷つけることもいとわない保険金詐欺常習の夫婦。

まるで現実を予見したような設定で話題を呼んだベストセラーを
才人・森田監督が巧みにアレンジ。

ブラックユーモアとホラーの味付けで
陰惨過ぎることなく犯人の不気味さを浮かび上がらせた。

キーパーソンの主婦に扮した大竹しのぶの凄まじい演技は必見。

原作の貴志祐介は
「ISOLA 多重人格少女」なども映画化された人気作家。

本作の原作は2007年にも韓国で再映画化されて注目を浴びた。




内容(「WOWOW」より)

生保会社に勤める若槻は
ある日菰田という契約者から呼び出され
菰田の息子の首吊り遺体を発見する。

それ以来、菰田は毎日のように保険金の支払いを催促し出した。

異常さを感じた若槻は独自に調査を開始し
菰田が保険金のために指さえ切り落とす《指狩り族》と呼ばれる要注意人物であることを突き止める。

さらに彼は、死んだ菰田の息子が妻・幸子の連れ子と知り、
血のつながらない菰田が保険金目当てに殺したと疑うが……。




(CAST)
若槻慎二→内野聖陽さん

菰田幸子→大竹しのぶさん

菰田重徳→西村雅彦さん

黒沢恵→田中美里さん

松井刑事→町田康さん

葛西好夫→石橋蓮司さん

三善茂→小林薫さん

金石克己→桂憲一さん



菰田幸子を演じた大竹しのぶさん
怖かった…あまりの怖さに
暫くは、大竹さんの別の作品を見ても
菰田幸子が浮かんできて…^_^;



邦画「黒い家」は、WOWOWで見てしまいましたが
韓国版「黒い家」は、さすがに見ることができなかった…。




韓国映画「黒い家」


黒い家 韓国版

解説

貴志祐介原作のホラー小説を韓国で映画化した戦慄の物語。

善良な男が、思いがけずに保険金詐欺事件に巻き込まれていく
恐怖体験を衝撃的に描き切る。

一見気弱そうな主人公を熱演するのは
自身も原作のファンだという『甘い人生』の
ファン・ジョンミン。

彼と対峙する顧客を『とかげの可愛い嘘』などの個性派
カン・シニルが不気味に演じている。

次々と巻き起こる怪事件
そしてその裏に隠された人間の悲しいさがが心に突き刺さる。




あらすじ(「シネマトゥデイ」より)

保険会社に入社したばかりのジュノは
ある日、自殺志願者と思われる顧客からの電話を受ける。

人のいい彼は何とか彼女を思いとどまらせようと
マニュアルを無視して自分も過去に弟が自殺し
苦しんだことを話してしまう。

数日後、彼は初対面の顧客から名指しされ
彼の自宅を訪れるが…。




韓国版「黒い家」、原作とは設定が違うようですが
怖いことには変わりないと思うので
今のところ見る予定は無し!です^_^;






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_11_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.