「大停電の夜に」

Category: 映画 > ・邦画  


「大停電の夜に」



一昨日のブログでも少し触れた映画「大停電の夜に」
だいぶ前に見たのですが、紹介したいと思います。

東京が突然大停電になったらどうなる!?
そんな一夜を描いている映画です。

この映画こそクリスマスにお薦めしたい映画ですね(^_-)-☆


大停電の夜に

解説(「allcinema」より)
 
東京が一年で一番光り輝くクリスマス・イブの夜に
大停電が起こったら、という設定で描く群像ラブ・ストーリー。

停電という思いがけない事態ゆえに引き起こされた、
12人の男女それぞれが経験する一夜限りの特別な物語を
繊細なタッチで綴ってゆく。

監督は「東京タワー」の源孝志。

また撮影は、2002年のセザール賞・最優秀撮影賞に輝いた
日本人カメラマン永田鉄男が担当。

 


内容(「allcinema」より)

12月24日、クリスマス・イブの夜を迎えたばかりの東京の街から
すべての光が一瞬にして消え、東京にかつてない暗闇が訪れた。

東京を含む首都圏全域が
大規模な停電に見舞われてしまったのだった。

かつての恋を待ち続けるバーのマスターと
向かいのキャンドル・ショップの女店主。

妻と愛人の間で揺れるサラリーマン。

秘めた想いに迷っていた主婦。

エレベーターに閉じ込められた中国人のベルボーイとOL。

地下鉄の中の元ヤクザと妊婦。

天体望遠鏡を覗く少年と病院の屋上に佇む少女。

行灯の前で向かい合う老夫婦。

その夜、12人の男女の秘めた想いが、静かに動き出す…。



(CAST)
かつての恋人を待っていたバーのマスター(木戸晋一)
→豊川悦司さん

秘めた思いに迷っていた主婦(佐伯静江)
→原田知世さん

妻と恋人の間で揺れていた静江の夫(佐伯遼太郎)
→田口トモロヲさん

失った愛に向かっていた元ヤクザ(大鳥銀次)
→吉川晃司さん

結婚という幸せを感じていた妊婦(杉田礼子)
→寺島しのぶさん

一つの恋に別れを告げていたOL(草野美寿々)
→井川遥さん

上海の恋人を想っていたホテルマン(李冬冬)→阿部力さん

謎の人工衛星を見つけていた少年(田沢翔太)→本郷奏多さん

生きることに迷い病院を抜け出した(梶原麻衣子)
→香椎由宇さん

幸せの明かりをバーに灯していた(叶のぞみ)
→田畑智子さん

遼太郎の父→品川徹さん

夫にある告白をしようとしていた(国東小夜子)→淡島千景さん

愛する人の真実を知ろうとしていた(国東義一)→宇津井健さん



「大停電の夜」

美しく、そして繊細で、

幻想的だけどリアル

ロマンティック?ドタバタ?

様々な要素を絡めながら、それぞれが迎える、
真っ暗な東京での、クリスマス・イブの夜

ステキなJAZZのBGMに包まれて
ステキな物語が優しく静かに動き出す。


映画のBGMで使用されたジャズ・スタンダード
「マイ・フーリッシュ・ハート」(ビル・エヴァンス)
映像とマッチしていて、スゴクよかったです(^_-)-☆






テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2014_11_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.