「廃墟建築士」



三崎亜記さんの「廃墟建築士」


「廃墟建築士」は4編からなる短編集です。


読後の感想はと言うと…

“不思議な世界に少しだけ悲しみをチョイスしてシェイクし、
 不条理をトッピングした感じ!?”

面白かったのですが、読後の複雑な思いを伝えるのは
難しいです…^_^;



『七階闘争』
 七階で事件事故が相次いだため
 建物から七階だけを排除することになり…。

『廃墟建築士』
 廃墟建築を作り、それを保護することで
 世界に文化的先進国として認められる!?

『図書館』
 午前0時を過ぎると図書館の本たちが
 自由に飛び回るという…?鳥になる本たち?

『蔵守』
 人が存在する前から蔵はそこにあった…
 その蔵達を守るために全てを捧げる蔵守の話…。




廃墟建築士

内容(「BOOK」データベースより)

いつか崩れて自然へと回帰していく姿に魅せられ、
「私」は廃墟を造り続けてきた。

時の経過によって醸成される廃墟こそが、
その国の文化的成熟度を表すのだ。

だがある時、「偽装廃墟」が問題となり…(『廃墟建築士』)。

七階での事件が多発し、市は七階の撤去を決定した。

反対する市民は決起集会を開くが…(『七階闘争』)。

意識を持つかのような建物に現実と非現実が同居する、
不思議な4編の物語。




三崎さんの著書は、不思議を抜きには語れません。

建物に息吹があり
本には自由意思があり
蔵に思いがある

以前読んだ「ターミナルタウン」では、
隧道(トンネル)が生き物になっていたしね。


日常と少しだけ離れた不思議を
垣間見たい方にお薦めです(^_-)-☆






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_10_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.