「リアル~完全なる首長竜の日~」

Category: 映画 > ・邦画  


黒沢清監督の「リアル~完全なる首長竜の日~」


“きみを救うため、ぼくは何度でもきみの頭の中へ入ってゆく”


乾緑郎さんの話題の小説を、黒沢清監督が、
綾瀬はるかさん&佐藤健さんの顔合わせで映画化した
異色エンターテインメント。


映画を見ながら
萩尾望都さんの『バルバラ異界』を思い浮かべました。

『バルバラ異界』は宇宙的な世界観で描かれていましたが
「リアル」では、浩市と淳美の脳内での対話を描いており
SFサスペンス&ラブ・ファンタジー
少しホラーテイストもあって…ハラハラドキドキしました^_^;
面白かったです。
原作も早く読みたいですね。



リアル MOVIE

解説(「WOWOW」より)

自殺未遂により昏睡状態に陥った恋人を救出すべく
最新医療技術の助けを借りて彼女の脳内へと潜入した青年。

現実と仮想世界の境目が次第にゆらぐなか
意識の迷宮をさまよう恋人たちを待ち受ける驚愕の真実とは? 

第9回「このミステリーがすごい!」大賞に輝く
乾緑郎の小説を、「贖罪」の黒沢清監督が
SFや恋愛、サスペンス、はては怪獣映画まで
多彩な要素を織り交ぜながらスリリングに映画化。

出演は、NHK大河ドラマ「八重の桜」にも主演した
国民的人気女優・綾瀬はるかと「るろうに剣心」の佐藤健。



内容(「WOWOW」より)

幼なじみで恋人同士の浩市と淳美。

ところが1年前、漫画家の淳美は不意に自殺を図り
意識不明のまま長い昏睡状態に陥ってしまう。

浩市は“センシング”という最新医療技術の助けを借りて
淳美の脳内に入りこみ、なぜ自殺を図ったのかと
意識下の世界で彼女との対話を試みるが
淳美は彼の問いには答えず
「首長竜の絵をぜひ探してほしい」と
奇妙な頼みごとを繰り返すばかり。

かくして浩市は、その絵を懸命に探し回るのだが…。




原作は乾緑郎さんの「完全なる首長竜の日」


完全なる首長竜の日

内容(「BOOK」データベースより)

第9回『このミス』大賞受賞作品。

植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具
「SCインターフェース」が開発された。

少女漫画家の淳美は、
自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。

「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、
浩市は答えることなく月日は過ぎていた。

弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり。

衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。



原作「完全なる首長竜の日」未読です。

映画の主演が、私の大好きなお二人
藤田浩市役の佐藤健さんと
和淳美役の綾瀬はるかさんだったので
映画を見た後に原作を読もうと思い
温存?していました^_^;

これでやっと読むことが出来ます!

どうやら映画と原作では設定が変わっている?ようですね
その違いも楽しんで読みたいと思います(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2014_10_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.