「チルドレン」


伊坂幸太郎さんの「チルドレン」


本書「チルドレン」
今までに読んだ伊坂さんの作品の中で一番好きな物語です。

読後感の爽快さは言うまでもなく
登場人物の描写がスゴクいい!

5つの物語のピースが
かちっと填まったときの爽快さも何とも言えません。

時系列もバラバラなエピソードを
上手く纏めたあたりは、流石伊坂さんですね。

伊坂ワールド、存分に楽しめました。



チルドレン


内容(「BOOK」データベースより)

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち
いつも周囲を自分のペースに引き込むが
なぜか憎めない男、陣内。

彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。

何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき
予想もしない奇跡が降り注ぐ。

ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。



ドラマ化されました

チルドレン


(解説)

人気作家伊坂幸太郎の短編集「チルドレン」を映画化した
ヒューマンドラマ。

家庭裁判所の調査官が自身も苦悩しながら
地道な努力で小さな奇跡を起こす。

『機関車先生』の坂口憲二が内向的な主人公を熱演し、
本作で新境地を開拓。

彼を振り回す先輩役に『ヴァイブレーター』大森南朋、
ヒロイン役に『天使の卵』の小西真奈美と
若手実力派俳優たちが集結した。

バラバラに見えた登場人物たちの物語が
優しく結び付くラストは必見。



(あらすじ)

家庭裁判所の調査官武藤(坂口憲二)は、
先輩の陣内(大森南明)と一緒に銀行強盗の巻き添えを食う。

どうにか全員人質は無事に解放されたものの、
武藤はショックで倒れそうになった女性(小西真奈美)を
抱きとめる。

後輩の一目惚れを見逃さなかった陣内は、
勝手に女性の名前と勤め先を調べ上げ、
武藤をけしかけるのだが……。




解説では、映画のDVDとありますが
2006年5月WOWOWの『ドラマW』でテレビドラマ化され
同年11月4日に『CHiLDREN チルドレン』のタイトルで
劇場公開された。(「wikipedia」より)
元は、WOWOWのドラマです。

私が見たのは映画版?
だいぶ前に見たので記憶が定かでない…
WOWOWの再放送を見たのかな?
いずれにしても、CASTも良くて、いいドラマでした。



テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.