「白銀ジャック」


東野圭吾さんの「白銀ジャック」


本書「白銀ジャック」
最近の東野作品には珍しく
登場人物にあまり感情移入することなく
淡々と読み進めました。

『スキー場に届いた脅迫状
 人質はスキー客…
 犯人の真の目的は!?』

ストーリーに惹き込まれ、頁を捲る手が止まらない
でもエンディングで、えっ?こうくるの?

私の推理はことごとく外れました…^_^;


スキー場の臨場感が伝わって、
まるでゲレンデにいる気分にさせてくれる
スキーやスノボを滑る疾走感
風を切る音まで聴こえてくるよう

スリリングで面白い作品でしたよ(^_-)-☆



白銀ジャック

内容(「BOOK」データベースより)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。

年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。

警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、
山中でのトリッキーな身代金奪取。

雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。

すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。

今、犯人との命を賭けたレースが始まる。

圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。



ドラマ化されました

白銀ジャック ドラマ

あらすじ(「TV ASAHI」より)

安比高原スキー場。

ゲレンデ統括マネージャーの倉田玲司は、
滑走禁止区域に侵入した
一人の暴走スノーボーダーを追っている。

その脳裏には、一年前に起きた悲惨な事故がよみがえっていた。

一年前、スキー場内の北月エリアで
正規コースを滑っていた女性客が、
滑走禁止区域から飛び出してきたスノーボーダーに激突され、
死亡するという痛ましい事故が起きていた。

夫と息子の三人でスキー旅行を楽しんでいた際の悲劇。

鮮血で赤く染まる雪面と、夫の悲痛な叫び、
呆然と立ち尽くす息子の姿は、
今も倉田の記憶に鮮明に残っていた。

逃走した犯人は今も捕まっておらず、
以来、北月エリアはクローズされたままだ――。
 
結局この日、倉田はスノーボーダーを取り逃がしてしまう。

倉田を振り切るとはよっぽどの腕前だ。

まさか、一年前の犯人だろうか…。



(CAST)
倉田玲司(渡辺謙)
     →安比高原スキー場ゲレンデ統括マネージャー。
根津昇平( 岡田将生)→スキー場パトロール隊員。
藤崎 絵留(広末涼子)→スキー場パトロール隊員。
辰巳 豊(鈴木浩介)→スキー場ゲレンデ整備主任。
桐林 祐介(庄野崎謙)→スキー場パトロール隊新人。
入江 義之(安田顕)→安比高原スキー場のスキー客。
増淵 英也(中尾明慶)
     →北月町町長の息子・北月町観光課勤務。
瀬利 千晶( 山下リオ)
     →スノーボードクロス・アマチュア選手。
日吉 浩三(平泉成)→安比高原スキー場のスキー客。
日吉 友恵(野際陽子)→浩三の妻。
筧 純一郎(國村隼)
 →安比高原ホテル&リゾート社長・広世観光株式会社取締役。



残念ながらドラマ版を見ていないのですが
原作を、“映画化されそうなストーリー展開だな?”と
思いながら読んでいたので
DVD化されていれば見てみたいですね。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.