「にわか大根」


近藤史恵さんの「にわか大根」


『猿若町捕り物帳シリーズ』の第3弾
「にわか大根」読みました!


お決まりの登場人物達が、縺れた事件の謎を解く!


主人公:男前だが堅物の同心・玉島千蔭と
本作の語り手:お人好しの岡っ引き・八十吉

美貌と芸で当代きっての人気女形・巴之丞や、
巴之丞と瓜二つの艶やかな花魁・梅が枝など、
存在感たっぷりの登場人物たちが脇を固めます。


『吉原雀』
吉原で三人の遊女が連続死。
謎を解くキーワードは、「雀」

『にわか大根』
人気の実力派女形が突然下手な芝居をするようになった。
そして幼い息子が不振な死に方を…。

『片陰』
人から嫌われるはずのない善良な男が殺された。
いったい誰に?


登場人物の心情を丁寧に描いているので
江戸に暮らす人々の息吹が間近に感じられ
まるで映画を観ているよう!
読みながら各場面の映像が浮かんできました。



にわか大根

内容(「BOOK」データベースより)

芝居小屋が軒を連ねる江戸は猿若町。

上方への巡業から戻った人気女形が、
なぜか突然大根役者になっていた。

そんな折り、その幼い息子が不審な死を遂げて…。

続いて起きた謎めいた出来事につながりはあるのか?
(「にわか大根」)

南町奉行所の同心・玉島千蔭。

男前だが女心にはちとうとい。

けれども事件となれば名推理が冴える。

江戸情趣溢れる連作時代ミステリー。



語りの八十吉の心の声?が面白さを醸し出し
そのおかげで、主人公の堅物・玉島千蔭の人柄が
微笑ましい好人物だと読み手に伝わってくる(^^)


『猿若町捕り物帳シリーズ』
残すところ、『寒椿ゆれる』『土螢』の2冊です。

千蔭と梅が枝の関係はどうなるのかしら?
楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.