「王になった男」

Category: 映画 > ・韓国映画  


イ・ビョンホン主演「王になった男」


「王になった男」『コードネーム・ジャッカル』
『拝啓、愛しています』
1日に韓国映画を、3本続けて見てしまいました^_^;

見た映画が、時代ものと現代ものだったので
内容的に混乱することは無かったのですが
ただ、頭の中にハングルがまだ残っているような…!?

その3本の映画の中から
今日は「王になった男」を紹介したいと思います。

イ・ビョンホンとハン・ヒョジュが主演だったので
WOWOWで見たのですが、思っていた以上に面白かったです。
ストーリーは使い古された古典的な設定でしたが
登場人物の描き方が見事で
特に主演の二人、イ・ビョンホンの演技力はさすがで!
ハン・ヒョジュの美しさには見惚れてしまいました。
脇役の俳優さんも素晴らしかったですよ(^_-)-☆



王になった男

番組紹介/解説(「WOWOW」より)

イ・ビョンホンとハン・ヒョジュが共演した話題の韓国時代劇。

理想が失われた時代で、
その暴君の影武者になったうり二つの道化師。

彼の人間的な魅力が周りの人々を変える。

パク・チャヌク監督のヒット作「オールド・ボーイ」の脚本を共同で手がけたファン・ジョユンの脚本を「拝啓、愛しています」のチュ・チャンミン監督が映画化。

顔が似ていて地位も境遇も違う人間が
入れ替わるテーマはさまざまな作品で描かれたが、
本作では朝鮮15代王・光海君(クァンヘグン)と
道化師の物語を通じて描く。

二役を演じたイ・ビョンホンの好演に加え、
彼を支えたキム・イングォン、チャン・グァンら
脇役の好リリーフも光る。

TV「トンイ」と異なる顔を見せたハン・ヒョジュの
りりしい美しさも要注目。



内容/物語(「WOWOW」より)

光海君とそっくりなため
毒殺の危機におびえる光海君の
影武者を務めることになった道化師ハソン。

大臣たちの陰謀の気配が渦巻く宮中での不安から
暴君と化していった光海君だが
ある日彼が病床についたことをきっかけに
料亭で腐敗した権力の風刺をしていたハソンは
極秘の代役として
光海君にすり替わる計画に巻き込まれる。

ハソンは戸惑いながらも、次第に操り人形ではなく
民のことを考える真の王として周囲を魅了していく。



イ・ビヨンホンの演じる、李氏朝鮮王・光海君と
光海氏にそっくりな道化師・ハソン
一人二役でしたが、その演じ分けはお見事でした!
最初から、映画全体が見えてくるストーリー設定なのに
全く飽きずに見ることが出来たのは
イ・ビヨンホンが演じたからこそ!?だと思いました。




テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2014_08_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.