「イノセント・ゲリラの祝祭」ー○○は会議室で起きている?

Category: か行の作家 > ・海堂尊   Tags: 海堂尊  




【田口・白鳥シリーズ】の第4弾、「イノセント・ゲリラの祝祭」


白鳥圭輔が本当にやりたかったことはこれか!と確認できる物語。

厚生労働省の会議室の場面が多いので、
「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」
「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読まずに、
いきなり本作を読んだらつまらなく感じるかもしれない。

司法解剖に変わるAIの必要性を訴える白鳥や彦根たちと、
それを阻止したい面々とのやり取りを、
(退屈になりがちな会議の場面であるのに)
興味深く読めたのは、登場人物に感情移入出来たからかな!?




イノセントゲリラの祝祭 BOOK

あらすじ

宗教団体「神々の楽園」の信者リンチ死事件で
警察の初動捜査ミスの問題が取り沙汰された頃と同時期に、
病院長高階に厚労省の会議に出席することを頼まれた田口は、
依頼主の白鳥の指名によって渋々会議に出席することになる。

東京・霞ヶ関に向かった田口は
「病院リスクマネジメント委員会標準化検討委員会」の
モデル事業に関する会議、「医療関連死モデル事業」に出席する。

だがその会議は、医療事故を調査するための
独立した組織創設の検討を目的とした
「医療事故調査委員会創設検討会」へと発展。

今まで会議の主催者として舵取りをしてきた白鳥は
その舵を取られる形になり、
田口もその会議の参加者として連ねられる。

この検討会自体も有耶無耶にしようとする官僚や、
自分達の立場を死守せんとする教授達、
そしてかつて医師や厚労省を揺るがす
大きな問題を起こした彦根新吾も介入し、
「医療事故調査委員会創設検討会」に波乱を呼び起こす。




【田口・白鳥シリーズ】の中で、唯一、映像化されていない作品。


会議のシーンが多いので無理もないかな!?
でも、普段表に出てこない事を扱っていて面白かったです。




この本では、田口・白鳥の凸凹コンビによる
名推理での事件解決はないですよ!?
今までのシリーズと毛色が違います。






テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.