「モモ」



ミヒャエル・エンデさんの「モモ」


本書「モモ」、児童書とありますが…
私にとっては、哲学書のような深さで
深淵を見せられたような作品でした。

一言でいうと「時間泥棒」に挑む
モモの活躍を描いている。
となりますが…

読む度に印象や見えてくるものが変化する
万華鏡のような物語。

「モモ」の世界観、深淵を覗くのもいいけど
さらりと読んでも面白い作品ですよ。
どちらかというと、さらりと読む方が
作品を楽しむ上では大切なのかも^_^;



モモ BOOk

内容(「BOOK」データベースより)

町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。

町の人たちはモモに話を聞いてもらうと
幸福な気もちになるのでした。

そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。

「時間」とは何かを問う、エンデの名作。小学5・6年以上。




映画化もされています


モモ MOVIE


解説(「映画.com」より)

時間の大切さ、生きることの喜び、
人間らしい優しさを描くファンタジー映画。

エグゼキュティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ
製作はホルスト・ヴェンドランド
ミハエル・エンデの原作を基に
監督・脚本はヨハネス・シャーフ
共同脚本はローズマリー・フェンデルとマルチェロ・コシア
撮影はザヴィエル・シュワルツェンベルガー
音楽はアンジェロ・ブランダルディが担当。

出演はラドスト・ボーケル、ジョン・ヒューストンほか。


※以下ネタバレ注意です!


内容(「映画.com」より)

ある村の古代円形劇場で
掃除夫ベッポ(レオポルド・トリエステ)に発見され
村に住むことになったモモ(ラドスト・ボーケル)は
あふれる勇気と優しさで
日ごとに村の人々になくてはならない存在になっていった。

しかしその村の安らかで実りの多い生活も
時間泥棒たちの出現で急変し
大人たちは次第に「お金と機能」本位の生活に
塗り込められるようになる。

やがて時間泥棒の秘密を知ったモモは
彼らに戦いを挑むが
村の人々は誰ひとり彼女に振り向く者はいなかった。

そんなモモの唯一の味方は
カシオペアという名の一匹のカメだった。

彼の導きでついに時をつかさどる
マイスター・ホラ(ジョン・ヒューストン)のもとに
たどりついたモモは
彼のもとで「生きること」の喜びと
「時間」の大切さをしっかり認識するのだった。

そしてモモは
孤独な生活を強いられている村の人々を助けるために
時を止め、時間泥棒に戦いを挑み、
彼らの金庫に収めてある〈時間の花〉を開放することで、
人々の時間を取り戻すのだった。...



映画「モモ」も見ましたが
残念ながらまるで覚えていなくて…^_^;

原作「モモ」、お薦めです(^_-)-☆





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_05


Comments

 

こんにちは。
モモは小学生の時にものすごい流行りました。
映画もできたし。
で、旦那に聞いたら知らない。自分を基準にするなと言われました。
えー!あんなに有名なのに、、と大袈裟にビックリしてしまいました。
まあ、育った環境が違えばしょうがないのかなあ(^^;汗

時間泥棒の副題もすてきな物語ですよね。
ハッピーモモ  URL   2014-08-07 11:27  

Re: タイトルなし 

ハッピーモモさん、こんばんは♪
コメントありがとうございますm(__)m

そっかー、御主人は知らなかったんですね!?
「モモ」は女の子が主人公だから
女子の方が好んで読んでいたのかも?

確かに、「時間泥棒」の副題に惹かれて
私も読んだ記憶があります。
タイトル、凄く大事ですね(^^)
SHION☆彡  URL   2014-08-08 00:58  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.