「ユーミンの罪」

Category: 未分類  


酒井順子さんの「ユーミンの罪」


私が初めて買ったレコードが
荒井由実さんの3rd アルバム「COBALT HOUR」でした。
 (中学生の頃、お年玉を注ぎ込んだ覚えが!?)
ちなみにシングルは、松任谷由実さんの「翳りゆく部屋」です。

ユーミン大好きだった私の青春時代
本書は、その懐かしい時代を思い起こさせるだけでなく
ユーミンが世の中に与えたであろう影響を
思いもよらない切り口で語っています。

とても興味深い本でした。



ユーミンの罪

内容(「BOOK」データベースより)

ユーミンの歌とは女の業の肯定である。

ユーミンとともに駆け抜けた1973年~バブル崩壊。

ユーミンが私達に遺した「甘い傷痕」とは?

キラキラと輝いたあの時代、世の中に与えた影響を検証する。




ユーミンが私達に遺した「甘い傷痕」

【目次】
1 開けられたパンドラの箱 「ひこうき雲」(1973年)

2 ダサいから泣かない 「MISSLIM」(1974年)

3 近過去への郷愁 「COBALT HOUR」(1975年)

4 女性の自立と助手席と 「14番目の月」(1976年)

5 恋愛と自己愛のあいだ 「流線型‘80」(1978年)

6 除湿機能とポップ 「OLIVE」(1979年)

7 外は革新、中は保守 「悲しいほどお天気」(1979年)

8 “つれてって文化”隆盛へ 「SURF&SNOW」(1980年)

9 祭の終わり 「昨晩お会いしましょう」(1981年)

10 ブスと嫉妬の調理法 「PEARL PIERCE」(1982年)

11 時を超越したい 「REINCARNATION」(1983年)

12 女に好かれる女 「VOYAGER」(1983年)

13 恋愛格差と上から目線 「NO SIDE」(1984年)

14 負け犬の源流 「DA・DI・DA」(1985年)

15 1980年代の“軽み” 「ALARM a la mode」(1986年)

16 結婚という最終目的 「ダイアモンドダストが消えぬまに」(1987年)

17 恋愛のゲーム化 「Delight Slight Light KISS」(1988年)

18 欲しいものは奪い取れ 「LOVE WARS」(1989年)

19 永遠と刹那、聖と俗 「天国のドア」(1990年)

20 終わりと始まり 「DAWN PURPLE」(1991年)


目次のアルバムタイトルを見ているだけでも、
嬉しくてワクワクしてしまう
なので、長いけど全部載せました^_^;




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_28


Comments

 

こんばんは。
ごめんなさい、私はどれも知らない曲ですがかげりゆく部屋は徳永英明さんのカバーで初めて聞き好きになりました。

ユーミンの歌は素晴らしいですよね。
その歌の本なら是非読みたいなあ。

今、山崎豊子さんの沈まね太陽を借りて来ました!
読めるかな??

Shionさんの模倣犯の記事にコメントしたのですが失敗して消えてしまいました(;_;)泣
ハッピーモモ  URL   2014-07-29 20:11  

Re: タイトルなし 

ハッピーモモさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございますm(__)m

翳りゆく部屋、徳永さんヴァージョンも素敵ですよね(^_-)-☆
私も最近のユーミンは聴いていないのですが
一時期はアルバム発売を首を長くして待つほど!?ハマっていました(^^)
「ユーミンの罪」では、ユーミンの曲からこうも深く解釈できるんだと
ビックリしました。(私は能天気に聴いていただけです^_^;)

「沈まぬ太陽」早速借りて頂いたようで、嬉しいです。
山崎さんの著書は、実際に起きた重いテーマを、緻密な取材を重ねた上で
書かれているので、それだけに読みごたえがありますよ。
ただ「御巣鷹山篇」はリアル過ぎて、とても読んでいて辛かったです。

摸倣犯のコメント消えちゃったんですね。残念です(T_T)
私も何度かせっかく書いたコメント消したことがあるので
お気持ちよくわかります。
SHION☆彡  URL   2014-07-30 00:16  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.