「ささみみささめ」



長野まゆみさんの「ささみみささめ」


「ささみみささめ」とは?
面白い響きの言葉ですね。

短編集である本書の1話目のタイトルにもなっていて、
本文中で
『…身内にだけ通用する隠語である。
 これから、内緒話をするぞ、という合図なのだ。』
と説明している。


『色とりどりの白昼夢』~帯紙~
25篇の不思議な物語


読み始めは、エッセイ集のようでしたが
読み進めるうちに、なにやら不穏な空気感が漂ってきて

“ブラックユーモア?”
“背中をつららで撫でられたよう”
そんな気持ちにさせてしまう物語なのかなと思えば

“ビックリしたり”、“ほろりとさせられたり”と
様々な色合いを持つ万華鏡のような物語の数々に
ホント唸らされました。

何処にでもある日常のひとコマを
こうも心情豊かに描けるのか_。

短い物語で、これだけの複雑な気持ちにさせてもらえるとは
言葉の魔術師?長野ワールドに迷い込んで
また抜け出せなくなりました。



ささみみささめ

内容(「BOOK」データベースより)

日常のなにげないひとこと。

その言葉をふと拾ってみれば、
酩酊をさそう25の物語がゆらりとあらわれる。

不気味な話、怖い話、しみじみする話、苦笑いする話、不思議な話、にやりとする話、
呆然とする話、あざやかな話、びっくりする話、泣ける話、笑うしかない話、感動する話…。

百花繚乱!長野まゆみワールド。



今までに読んだ長野作品とは、
少し毛色が違うのかなと感じましたが…

恩田陸さんの本?と思って
読んでいる最中に著者名を確認したりね^_^;

でも最後まで読み終えたら
“長野さんらしさ”が、隠し味のように効いてきてきましたよ。







テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.