「ヴィヴァーチェ」シリーズ



あさのあつこさんの「ヴィヴァーチェ紅色のエイ」と
 「ヴィヴァーチェⅡ漆黒の狙撃主」


「ヴィヴァーチェ」シリーズ読みましたが、
完結していないですよね?

しかし3巻目はどうやら出ていないらしい(?_?)

読書メーターでの感想をチェックしたら
ハルノさんのコメントに
『改題されて発売されている文庫版に
 加筆がなされて完結しているらしい』
とあったので、調べましたよ!
(私が読んだのは単行本です。)

「ヴィヴァーチェ 宇宙へ地球へ」(角川文庫) で
出版されていました。
どう完結したかを知りたければ、こちらを読むしかないのね^_^;



「ヴィヴァーチェ紅色のエイ」
ヴィヴァーチェ紅色のエイ

内容(「BOOK」データベースより)

灰汁色の霧に覆われた地球。
16歳のヤンは、最下層地区で暮らしながらも、
大きな夢を持っていた。

親友ゴドとともに、
いつかロケットでこの星から飛び立つという。

そう、あの伝説のヒーロー、バシミカル・ライのように。

そのころ、海賊に宇宙貨物船が襲われたという報せが、
ステーションに入る。

しかもその船は幽霊船だという…!?

あさのあつこがあざやかに描き出す、
少年たちのブレイブ・ファンタジー。



「ヴィヴァーチェⅡ漆黒の狙撃主」
ヴィヴァーチェⅡ漆黒の狙撃主

内容(「BOOK」データベースより)

図らずもヴィヴァーチェ2号のクルー(乗組員)として、
自分の夢を叶えることになったヤン。

しかしクーデターを逃れ、
少女とともに乗り込んできた王家の護衛兵士は、
強制的に船の行き先を指示する。

目的地は輸送船オオタカが幽霊海賊船に襲われた地点だった!?

オオタカで目撃された死せる英雄バシミカル・ライ。

彼は生きてそこにいるのか?

そして、兵士が護衛する少女の正体は…。

王家の姫か、それとも妹のナコなのか。




「ヴィヴァーチェ紅色のエイ」
「ヴィヴァーチェⅡ漆黒の狙撃主」
両作とも面白かったので、
2巻で終わるのはもったいない気がしました。

「ヴィヴァーチェ 宇宙へ地球へ」は、
まだ読んでいないのでなんとも言えませんが…

文庫版に加筆で完結には、ちょっと無理があるのでは?

単行本の倍の頁になっているのかしら?(まさかね!?)
…とりあえず読んでみます^_^;





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.