「六月の夜と昼のあわいに」

Category: あ行の作家 > ・恩田陸   Tags: 恩田陸  



恩田陸さんの「六月の夜と昼のあわいに」


「帯紙」に記された言葉からも、本書の魅力が伝わってくる。


恩田陸の新境地 魅惑の最新小説

よび覚まされる記憶、あふれ出る感情、立ち上がる論理。
言葉によって喚起される、人間のいとなみ。

日常の裂け目
ありえた世界
未来の残滓
_私たちはあの日どこにいた?



とても贅沢な作品です。
物語のみならず、素晴らしい絵画も堪能でき
そしてなにより、各章のタイトルが素敵だ。



「恋はみずいろ」
 ポール・モーリア作曲のイージーリスニングのタイトルで、
 森山良子さんが歌ってヒットしました。

「唐草模様」
 恩田さんも疑問に思っていたのかな?本文の出だしに
 『なぜ日本の泥棒が背負っているのは、
 いつも唐草模様の風呂敷なのだろう。』
 とありました。

「Y字路の事件」
 推理小説のタイトルかな?と思って読みましたが
 江戸川乱歩?松本清張?

「約束の地」
 映画『十戒』をまず思い浮かべ、次に浮かんだのは、
 ノアの方舟、ラッセル・クロウ主演で映画化されましたね。
 映画のタイトルは『ノア約束の舟』でしたが

「酒肆ローレライ」
 酒肆ってなんだろう?…調べてみると
 酒を売る店。また、酒を飲ませる店。とあり
 ローレライが店名だと、酒に飲み込まれる?
 
「窯変・田久保順子」
 窯変ってなんだろう?…もちろん調べました
 陶磁器を焼く際、炎の性質や釉の含有物質などが原因で
 予期しない釉色・釉相を呈すること。また、その陶磁器。
 変化を求めて作為的にも行われる。火変わり。
 田久保順子は誰?それは本書を読んで下さいね。

「夜を遡る」
 なんと詩的なタイトルでしょう。
 言葉の持つ力だけで惹きつけられ、
 読む前からイメージが膨らむ。
 そんなタイトルです。

「翳りゆく部屋」
 ユーミンの曲のタイトルです。
 レコードの時代にシングルで発売。
 『翳りゆく部屋』のB面が『ベルベットイースター』で
 2曲とも素敵な曲ですよ。

「コンパートメントにて」
 この言葉を見ると、光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』が
 すぐ頭に浮かびました。
 萩尾望都さんが漫画化しましたね。
 映画『マトリクス』も、『百億…』から影響受けた?

「Interchange」
 知っている言葉だけど、一応調べました。
 入れ替わる,交替する.、交換,やり取り.、
  (高速道路の)立体交差(点), インターチェンジ.
 とありました。
 タイトルから感じられる硬質なイメージとは違い
 不思議な世界観のある物語で、
 本書のタイトル「夜と昼のあわいに」にやっと繋がった?


奇妙で不思議な10篇の物語
異界への扉は、いつでも開かれている

ちなみにタイトルへの各コメントは
私がタイトルを見て感じた言葉を連ねただけで、
本書の内容とはまるで関係ないのであしからず…^_^;

 

六月の昼と夜のあわいに


あらすじ(「ASAHI」より)

ミステリー、SF、ファンタジー、ノンフィクション等々……。
あらゆる小説の形式と恩田作品がもつ魅力をすべて投入した、
「夢十夜」を思わせる全く新しい小説集。

フランス文学者・杉本秀太郎による
序詞(詩、俳句、短歌)に秘められた謎と、
希代の新鋭画家による10のイメージに誘われた、
摩訶不思議な10の作品世界。

本好きであれば手許におかずにはいられない、
恩田ファンには必携の奇書、ここに誕生!




言葉遊び?言葉が生きている?

言葉が行きたい方向に自由に流れて行くような
とても魅力的な10篇の恩田ワールドでした。







テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.