「海時間のマリン」~幻想的な物語~





名木田恵子さんの「海時間のマリン」には、
 月間「MOE」で連載されていた頃に出会いました。

透明感のある、とてもステキな物語なので、
メルヘンやファンタジー好きの方にお薦めです。



海時間のマリン BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

片桐真鈴(マリン)は、まもなく15歳になる中学生。

でも、最近マリンは、なんだかへん。

転んであざをつくったり、目の前の景色が突然滝に見えたり…。

じつは、マリンは人間のパパと人魚のママのあいだに生まれた
ハーフだった。

マリンが人間のままでいるためには
15歳の誕生日までに、ある場所にたどりつかなければならない。

もしまにあわなければ、
マリンは完全な人魚にメタモルフォモス(変身)してしまうのだ。

幻想的なタッチで描く、異色のサスペンスファンタジー。




児童向けの本ですが、残念ながら只今絶版になっているようです…。

私は、図書館でどうにか探して、再読することが出来たのですが…(^_^;)





テーマ : 児童書    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.