「クジラの彼」-6つの恋の物語

Category: あ行の作家 > ・有川浩   Tags: 有川浩  



有川浩さんの「クジラの彼」


本書は、自衛隊員の恋愛を描いた六つの短編小説集です。


『クジラの彼』
*合コンで出会った史上まれに見る高物件の彼は、
 次にいつ会えるかわからない潜水艦乗りだった。

『ロールアウト』
*果てしなく続く長い通路に並ぶトイレをめぐり、
 彼女の戦いが始まった。

『国防レンアイ』
*生意気で居丈高なクセにめちゃくちゃかわいい彼女とは、
 腐れ縁8年の単なる同期なのだが。

『有能な彼女』
*素敵すぎる彼女と、今ひとつ自信のない俺。
 さらに年の差が気になって
 なかなか結婚をきりだせなくて。

『脱柵エレジー』
*純情は悲壮?滑稽?あるいは迷惑?
 あのフェンスを越えれば、彼女に会える!はずだった。

『ファイターパイロットの君』
*強くて、きれいで、凶悪にかわいい君を
 僕はどうやって守ったらいいんだろう。


“恋するふたりの間には、七つの海が横たわる。
がんばれ女子、負けるな男子。”~帯紙より~



クジラの彼 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』
彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。

聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。

いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。

そんなクジラの彼とのレンアイには、
いつも7つの海が横たわる…。

表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、
男前でかわいい彼女たちの6つの恋。

有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾。



有川さんのラブコメ、胸キュンで大好きです!!


特に表題作の「クジラの彼」の冬原と聡子、よかった~。
「クジラの彼」の本編『海の底』を、まだ読んでいないので、
読むのが楽しみです!

「ファイターパイロットの君」の本編『空の中』は
次に読むつもりで手元に置いてあるので
高巳と光稀の恋物語、今から楽しみです(^^)

「脱柵エレジー」新隊員の遠距離恋愛、切ないですね…
それにしても、開き直った女性ほど怖いものはない?

「有能な彼女」も『海の底』の番外編です。
夏木さん、冬原が警戒しただけある?
ややっこしい望ちゃんにぞっこんの夏木さん
可愛カッコよかった~(^_-)-☆


有川さんの作品
読後感の爽やかさはダントツです。
まだそんなに冊数は読んでいないのですが
今まで読んだ作品の全てが
読後の気分は爽快でした!!

まだ未読の『海の底』等
他の作品を読むのが楽しみです。
まずは『空の中』を読みますよー






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_05_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.