「流星の絆」



東野圭吾さんの「流星の絆」


本書は、獅子座流星群を観に行く
3人の幼い兄弟妹達の微笑ましい場面から始まる
その後、3人を悲惨な事件が待ちうけていた…。

とても辛く悲しい物語です。

でも、復讐という重荷を背負って生きる
大人になった3人の姿を
逞しく描いていることで
重く暗くなりがちな読者の気持を、
少しは軽くしてくれる…!?
ただ犯人にはビックリしたけど。



流星の絆 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、
流れ星に仇討ちを誓う。

14年後、互いのことだけを信じ、
世間を敵視しながら生きる彼らの前に、
犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。

三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。

その最大の誤算は、妹の恋心だった。

涙があふれる衝撃の真相。

著者会心の新たな代表作。



TBSでドラマ化されました


流星の絆 ドラマ



内容(「TBS」より抜粋)

1993年の秋。
小学六年生の有明功一、四年生の 泰輔、
一年生の 静奈の三人兄妹は、
両親に内緒で獅子座流星群を観に行く計画を立てる。

夜中にこっそりと家を抜け出した彼らが自宅へ戻ると、
そこには変わり果てた両親の姿があった…。

2008年の夏。
両親が殺害されてから14年経った現在。

大人になった功一は、
親代わりでもある林ジョージが経営するカレーハウス、
「ジョージクルーニー」に勤めていた。

功一は、毎日のようにハヤシライスを注文する珍客や、
ジョージから借金をしている弟・泰輔のことで
頭を悩ませる日々が続いていた。

そんなある日、店にある男がやって来た。

それは、父・幸博と母・塔子が殺害された事件を担当した刑事・柏原だった。

功一は、時効まであと三ヶ月だと伝える柏原に対し、
泰輔や静奈とは「会っていない」と嘘をつく。


(CAST)
本作の主人公。三兄妹の長男:有明功一
     ⇒ 二宮和也さん

三兄妹の次男:有明泰輔
     ⇒ 錦戸亮さん

三兄妹の末っ子:有明静奈
     ⇒ 戸田恵梨香さん

洋食チェーン店「とがみ亭」の御曹司:戸神行成
     ⇒ 要潤さん

両親が殺害された事件を担当するベテラン刑事:柏原康孝
     ⇒ 三浦友和さん

カレー店「ジョージクルーニー」店主:林譲二
     ⇒ 尾美としのりさん


宮藤官九郎さんの脚本なので
復讐劇だけではない
クドカン節満載のドラマになっています。

登場人物を生き生きと描き、
コミカルな場面もかなりあるので
その上、エンディングも変えていることで
原作よりはかなり明るくなっている。

私は、原作よりもドラマのエンディングの方がよかったです。






テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_05_01


Comments

No Subject 

私もドラマも本も読みましたが、ドラマのオチの方が好みでした。美しすぎる兄弟でしたね~。

ドラマは、要潤さんもいい味出してたと思います!
コミカルな場面とシリアスな場面の配分が絶妙で、
見やすく仕上がっていたと思います。
なお  URL   2014-05-05 23:31  

Re: No Subject 


なおさん、コメントありがとうございますm(__)m

確かに、要潤さんよかったですね。
カレーハウスでの、功一とのやり取りはコミカルで
静奈に対しての誠実さは、カッコよかったです(^^)

ドラマの配役、ナイスキャスティングでした!!

SHION☆彡  URL   2014-05-06 03:33  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.