「SOSの猿」ーこの物語が、誰かを救う




伊坂幸太郎さんの「SOSの猿」


「私の話」と「猿の話」の二つの物語ではじまる。

「私の話」家電量販店の店員・遠藤二郎の話。
イタリアで習得した「悪魔祓い」の技術で
知人の息子・眞人のひきこもりを改善しようとするが、
少年は奇怪な反応を示し・・・

「猿の話」真面目すぎる調査員・五十嵐真の話。
20分間で300億円の損失を出した株誤発注事件の
原因を探るうち、幻覚に翻弄され始め・・・

それにしても、登場人物のキャラクターいい!

遠藤二郎・五十嵐真はもちろんのこと
辺見のお姉さん・孔子孟子・ゲリラ合唱団・牛魔王部長etc
出てくる人物の描写がおもしろいです!

SOSの猿 BOOK

内容説明

三百億円の損害を出した株の誤発注事件を追う「猿の話」。

ひきこもりを悪魔祓いで治そうとする男の「私の話」。

やがて交差する二つの話を孫悟空が自在に飛び回り、
「SOS」をめぐる問いかけが物語を深化する。

世界最強の猿からユングまでを召還し、
小説の可能性に挑戦した、著者入魂の記念碑的長篇!



「私の話」と「猿の話」が交互に語られるので、
読み始めは混乱してしまい…!?
でも、今までの伊坂作品の例だと、
伏線を張って最後にからめ捕るパターンになるので
本作もそうかなと勝手に決めつけて読んでいました。が、
「SOSの猿」は何かか違うぞ

西遊記をベースに、ファンタジー感もあり
ユングの哲学もあり、エクソシストもありで
最後にはメサイアコンプレックスまで…
バラバラなエピソードを、よくぞここまでまとめ上げたなと
ストーリー構成に感銘を受けた。

もちろんストーリーも面白かったですよ。
読み始めると止まらずに、
一気に読んでしまいました!!



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_03_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.