「星屑の町」


「星屑の町」


劇作家・演出家の水谷とラサール石井、小宮孝泰によるユニット
“星屑の会”が1994年の第1作上演以来、25年間で
全7作を上演した舞台シリーズを杉山泰一監督が映画化。


星屑の町


大手レコード会社の社員だった山田を中心に、歌好きの飲み仲間たちは
ムード歌謡コーラスグループ“山田修とハローナイツ”を結成。
だが、ヒット曲に恵まれず、ベテランの女性歌手、キティ岩城と
地方を回りながら細々と活動を続けていた。
ある日、山田の故郷で歌謡ショーを開催した彼らは、
東京から出戻り、再び歌手になる夢を抱く地元の娘、愛と出会う。
やがてグループから天野が抜けたことで代わりに愛がメンバーになるが…。



制作年/2020
内容時間/105分

監督/杉山泰一
脚本/水谷龍二
撮影監督/佐光朗
撮影/的場光生
音楽/宮原慶太

(CAST)
久間部愛/のん
天野真/大平サブロー
市村敏樹/ラサール石井
山田修/小宮孝泰
込山晃/渡辺哲
西一夫/でんでん
青木五郎/有薗芳記
キティ岩城/戸田恵子


能年玲奈ことノンさんが出演していたので観ましたが
「星屑の町」大当たりでした!

もともとは舞台だったんですね
中盤まで舞台劇のようだな?と思っていたので納得です
戸田恵子さんをはじめ、大平サブローさんホント歌がお上手で
戸田さんは演歌歌手でデビューされたので分かりますが
大平さん本物のムード歌謡歌手のようでした

本映画は昭和歌謡のMVのような映画でしたが
ノンさんも澄んだ美しい歌声を披露されて
『あまちゃん』以来のノンさんの歌声にウルウル(感涙)

最初は「山田修とハローナイツ」「キティ岩城」の歌唱シーンが
少々多いかなと思っていましたが
中盤から昭和ムード歌謡の響きが心地よくなりもっと聴きたいなと(笑)
特に後半の「愛とハローナイツ」の『恋の季節』のノンさんが可愛くて
ノンさんの少したよりなさげな歌声が妙に心に響き癒やされました


テーマ: 邦画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する