「スパイの妻」

Category: 映画 > ・邦画  


「スパイの妻」


2020年6月にNHK BS8Kで放送され同名ドラマを
スクリーンサイズや色調を新たにした劇場版として劇場公開

映画監督・黒沢清が、主演に蒼井優を迎え、
戦争という時代のうねりに翻弄されながらも、
自らの信念と愛を貫く女性の姿を描くラブ・サスペンス。

第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で
銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞


スパイの妻


1940年、太平洋戦争前夜の神戸。
福原聡子は、満州へ赴いていた夫・優作の帰りを待ちわびていた。
ところが帰国後、幼なじみの憲兵・津森泰治から呼び出され、
夫が満州から連れ帰った女の死を告げられる。
嫉妬心に駆られた聡子は、夫の行動を疑うなかで、
彼が持ち帰った重大な秘密を目にしてしまう。
かの地で一体、何があったのか。
真実を知ってしまった聡子は驚きの行動に出る。



制作年/2020年
内容時間/115分

監督/黒沢清
作/濱口竜介、野原位、黒沢清
音楽/長岡亮介

(CAST)
福原聡子/蒼井優
福原優作/高橋一生
竹下文雄/坂東龍汰
駒子/恒松祐里
金村/みのすけ
草壁弘子/玄理
津森泰治/東出昌大
野崎医師/笹野高史


「スパイの妻」は劇場で観たかったのですが上映当時劇場に観に行けず・・・
なので今回は映画ではなくNHK BSで放送されたドラマ版の再放送を観ました。

ドラマの放送にあわせて、撮影の舞台裏で蒼井優さんに密着した
「ドキュメント『スパイの妻』~女優・蒼井優が挑む監督・黒沢清の世界~」もオンエアされ
先にドキュメントを観てその後本編を観ましたが、これは正解でしたね!

聡子の台詞回しが小津監督映画に出演していた原節子さんのようでしたが
ドキュメントを観てその謎!?が解けました(^^)

黒沢清監督の作品はかなり観ていますが
今までの作品とは趣が違うのでいい意味でビックリしました
昭和の(太平洋戦争前夜、1940年)空気感を漂わせた映像や
キャストの演技もレトロな雰囲気でとてもよかったです。

優作役の高橋一生さんのナチュラルな演技は流石!
津森役の東出昌大さんの演じる役柄は恐怖でしたね
でもそのきっかけを作ったのは聡子で・・・聡子も怖い
その聡子を振り回した優作も・・・登場人物達がみんなどこか狂っている
というのか時代の中で狂わされてしまった物語でした
「スパイの妻」面白かったです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_04_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2021_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.