「愛がなんだ」

Category: 映画 > ・邦画  


「愛がなんだ」


角田光代さんの同名小説を
片想いの恋にいちずに生きるヒロイン役に岸井ゆきのさん
ヒロインが片想いする相手役に成田凌さんを迎え
「his」の今泉力哉監督が映画化


愛がなんだ


イケメン男子のマモルに出会って一目惚れして以来、
彼のことが片時も忘れられない28歳のOL、テルコ。
仕事中であろうが真夜中であろうが、
彼から電話があれば即座に対応し、
平日にデートに誘われれば、
仕事をすっぽかして彼のもとへ駆けつけるありさま。
すっかりマモルに夢中のテルコだったが、
マモルにとって彼女は、単に自分に都合のいい便利な相手でしかなかった。
それでもテルコはマモルにいちずに尽くし続けるのだが…。


制作年/2018
内容時間/125分


監督/今泉力哉
脚本/澤井香織
脚本/今泉力哉
撮影/岩永洋
音楽/ゲイリー芦屋


(CAST)
テルコ/岸井ゆきの
マモル/成田凌
葉子/深川麻衣
ナカハラ/若葉竜也
すみれ/江口のりこ


先月WOWOWで特集された今泉力哉監督5作品
『パンとバスと2度目のハツコイ』
『愛がなんだ』
『アイネクライネナハトムジーク』
『mellow』
『his』


『アイネクライネナハトムジーク』を観てスゴク面白かったので
他の4作品もHDDに録画しました

『W座からの招待状』の小山薫堂さんと信濃八太郎さんが絶賛していた
というか、他の作品を紹介した後のお二人のコメントで
『愛がなんだ』の方が面白かったけど(私の思い込みかも!?)と紹介していたので
是非観なくては!と
「愛がなんだ」観ました!
私は『アイネクライネナハトムジーク』の方が好みかな(^^)

「愛がなんだ」のテルちゃんの一途さにダメ出ししながら最後まで観ました
岸井ゆきのさん演じるテルコのマモルへの愛は恋愛を超えていましたね

自分がない恋愛は端から見ていると息苦しくなってしまう
愛に酔っているとの見方もできますが
でもテルチャンは酔っていなかったのよね
しらふでそこまでやってしまうテルちゃんって凄い!
自分自身よりもマモルが一番だった
マモルがどうのこうのではなく
マモルの全てを受け入れていたテルちゃんは本当に凄いよ!

ラストシーンで
テルちゃんはマモちゃんになりたかった?


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2021_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.