「エデンの東」

Category: 映画 > ・洋画  


「エデンの東」


旧約聖書のカインとアベルの物語を下敷きにした
ジョン・スタインベックの同名小説を
「欲望という名の電車」「波止場」の名匠エリア・カザン監督が映画化


エデンの東


1917年、カリフォルニア。
農場を営むアダムにはアーロンとキャルという2人の息子がいるが
温厚な兄アーロンがアダムにかわいがられる一方
問題児であるキャルはいつも孤独を感じ、父親や兄との間でけんかが絶えない。
ある夜、激昂したキャルは、アダムが隠し続けてきたが自分が突き止めた
自分と兄の母親ケイトが別の町で生きているという事実を暴露。
それを知ったアーロンは、アダム以上に激しく動揺してしまい…。



原題/East of Eden
制作年/1955年
制作国/アメリカ
内容時間/115分

監督/エリア・カザン
製作/エリア・カザン
脚本/ポール・オズボーン
撮影/テッド・マッコード
音楽/レナード・ローゼンマン

(CAST)
キャル/ジェームズ・ディーン
エイブラ/ジュリー・ハリス
アダム(キャルの父)/レイモンド・マッセイ
ケイト(キャルの母)/ジョー・ヴァン・フリート
サム/バール・アイヴス
アーロン/リチャード・ダヴァロス
ウィル/アルバート・デッカー


第28回(1955)アカデミー賞助演女優賞「ジョー・ヴァン・フリート」
第8回(1955)カンヌ国際映画祭劇的映画賞
第13回(1955)ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)「イリア・カザン」


中学生の頃「エデンの東」をリバイバル上映で観たのですが
その頃の記憶はジェームス・ディーンの印象しか残っていなくて^^;
でも○○年ぶりに観た「エデンの東」はかなり深い内容でした

最初は仲が良さそうに見えたキャルとアローンだが
父親に愛されていないと悩む僻みだらけのキャル
自分が一番なんだと優越感に浸っているアローン
心の奥底にはお互いへの嫉妬や優越感などの確執があり
そんな歪んだ関係の二人の兄弟の悲劇を生んだのが
正義の塊のような父親と家庭を捨てた自由奔放な母親
カインとアベルを下敷きに家族の崩壊を描いている
65年前の映画ですが今だからこそ伝わった!?(歳を重ねたから^^;)
奥深さのある作品でした。



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_11_18


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2021_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.