「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」

Category: 映画 > ・邦画  


「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」


1971年に始まった「仮面ライダー」シリーズ誕生40周年記念作
歴代仮面ライダーが総登場!


「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」


モールイマジンと戦っていた仮面ライダーオーズとアンクは、
デンライナーで現われた仮面ライダーNEW電王たちと出会い、
1971年の過去へと向かう。
イマジンを倒し、2011年の現代へ戻ってきた彼らだったが、
なんと日本は悪の秘密結社ショッカーに支配されていた。
過去の世界でアンクが落としたセルメダルがショッカーの手に渡り、
歴史が変わってしまったのだ。
歴史を修復するため再び過去へと飛ぶオーズたちだったが…。



制作年/2011年
内容時間/94分

監督/金田治
原作/石ノ森章太郎
脚本/米村正二
撮影/いのくままさお
音楽/中川幸太郎

(CAST)
火野映司:仮面ライダーオーズ/渡部秀
野上幸太郎:仮面ライダーNEW電王/桜田通
泉信吾:アンク/三浦涼介
左翔太郎:仮面ライダーW/桐山漣
フィリップ:仮面ライダーW/菅田将暉
ナオミ/秋山莉奈
ミツル/今井悠貴
ナオキ/吉川史樹
ブラック将軍/福本清三
オーナー/石丸謙二郎


仮面ライダー誕生40周年と
東映設立60周年記念作ということで
歴代の仮面ライダーが総出演し
なんとキカイダーやイナズマン、スバットも登場
仮面ライダー1号と2号は登場シーンも多いので
昭和世代の特撮ヒーローファンにとっては
懐かしい&嬉しい作品なのでは!?

俳優陣も、桐山漣さんと菅田将暉さんが
Wの変身シーンのワンカットのみで出演していて
(今のお二人の活躍からだと、なんと贅沢なキャスティング!)

今回の映画での私の一押しは“今井悠貴さん”です
撮影当時は小学生なのかな!?
今井さん演じるミツルを見ながら
「見覚えがあるけど誰だろう!?」気になり調べてみると
私が見たドラマに結構出演していました
『3年A組』『父と息子の地下アイドル』『ケイジとケンジ』
他にも沢山のドラマに出演しており
「ミツルくん、大きくなったね~」
「立派に活躍してくれて嬉しいよ~」と、親戚のおばさん目線に・・・^^;
『仮面ライダー』シリーズ、お宝発見コーナーでした!


またしても今更ですが・・・^^;
幸太郎の説明で、NEW電王のみが歴史に介入出来る!
デンライナーに乗って何でもありなの!?と思っていたけど
歴史に介入しないようちゃんと決まりはあったのね
今回はアンクの落としたメダルが歴史を変えてしまう
アンクが過去に行かなければ起きなかった
毎回新発見のある劇場版仮面ライダー
WOWOWでの放送があと20作品ほどあるので
“仮面ライダー宝探し&新発見”、楽しみです(^^)




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_09


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.