「ビブリア古書堂の事件手帖」

Category: 映画 > ・邦画  


「ビブリア古書堂の事件手帖」


三上延さん原作のベストセラーミステリー小説を
黒木華さんと野村周平さんの主演で実写映画化


映画 ビブリア古書堂の事件簿


鎌倉の片隅にある古書店“ビブリア古書堂”の店主栞子は
極度の人見知りだが、優れた洞察力と推理力を持つ女性。
ある日、活字が苦手な青年・大輔が、
亡き祖母が残した夏目漱石の「それから」に記された
サインの真偽を鑑定してほしいとやって来る。
本を見た栞子はサインの謎を解き明かすだけでなく、
大輔の祖母が秘密の恋をしていたことまでも見抜いてしまう。
感服した大輔は、これを機にビブリア古書堂で働き始めるのだが…。



制作年/2018
内容時間/121分

監督/三島有紀子
原作/三上延
脚本/渡部亮平
脚本/松井香奈
撮影/阿部一孝
音楽/安川午朗

(CAST)
篠川栞子/黒木華
五浦大輔/野村周平
稲垣/成田凌
五浦絹子(50年前)/夏帆
田中嘉雄/東出昌大
大輔の母/神野三鈴
五浦絹子(老年)/渡辺美佐子


三上延さんの原作を読みとても面白かったので
当時TV放送していた剛力彩芽さん主演のドラマも欠かさず観ていました
映画での主役・栞子は黒木華さん
原作の表紙の栞子もロングヘアーだということもあり
私の栞子のイメージは黒木さんの方が合っているかな!?
でもショートカットの剛力さんもとてもキュートでTV版も面白かったです(^^)


ビブリア古書堂の事件簿 TV


映画版「ビブリア古書堂の事件手帖」では
大輔の祖母・絹子のエピソードと太宰治の『晩年』のエピソードを絡め
現在と過去が交互に描かれている
絹子と田中の回想シーンは良かったのですが
大庭葉蔵のシーンは、どうしてこうなるの!?と突っ込み処満載^^;

鎌倉の風景がとても綺麗なので
映画を観ながらまた鎌倉に行きたくなりました
鎌倉を舞台にした映画は沢山あるので
ロケ地巡りもいいかも!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_03_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.