「累-かさね-」

Category: 映画 > ・邦画  


「累-かさね-」


松浦だるまさんのコミックを
土屋太鳳さんと芳根京子さんのW主演で実写映画化!

「まれ」と「べっぴんさん」でいずれもも連続テレビ小説の主役です


「累-かさね-」


今は亡き伝説の女優、淵透世を母親に持ち、
天才的演技力がありながら幼いころから自分の容姿に劣等感を抱いてきた累。
そんな彼女の前に母親のことを知る元舞台演出家の羽生田が現われる。
累は羽生田の紹介で舞台女優ニナと会うが、
ニナは美しい容姿に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。
羽生田の提案で、2人は累の母親が残した、
キスした相手の顔を奪えるという謎の口紅を使い、
互いに顔を入れ替える決断をするが……。


制作年/2018
制作国/日本
内容時間/112分

監督/佐藤祐市
原作/松浦だるま
脚本/黒岩勉
撮影/谷川創平
音楽/菅野祐悟

(CAST)
丹沢ニナ/土屋太鳳
淵累/芳根京子
烏合零太/横山裕
淵峰世/筒井真理子
丹沢紡美/生田智子
富士原佳雄/村井國夫
淵透世/檀れい
羽生田釿互/浅野忠信


松浦だるまさんの原作は未読です

『居眠り磐音』にも出演していた芳根京子さん
『居眠り磐音』での奈緒役は清楚な役柄でしたが
本作「累-かさね-」の累は真逆のエキセントリックな役
顔の傷のこともあり家に引きこもっていた累が
美しいニナと出会ったことで次第に変貌していく
ただ累は途中でニナの顔になるので
累の半分のシーンは土屋太鳳さんが演じていました

奇想天外な物語で面白かったのですが
累の顔の傷は手術で治せないのかな!?とか
小学生の頃の傷がそんなに生々しく残る!?等々
突っ込みどころ満載でしたね^^;

土屋太鳳さんはニナ本人と累に顔を写したニナという
とても難しい役どころでしたが
天才累の演じるニナと大根役者のニナを
見事に演じ分けていました

累の顔がニナに替わるCGシーンが凄かった!
ただ顔が替わるのではなく傷が少しずつ相手に移動し
それから顔が入れ替わる
そのシーンへのこだわりが見ているだけで伝わってきました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_03_26


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.