「任侠学園」ー生徒は舎弟も同じ!

Category: か行の作家 > ・今野敏   Tags: 今野敏  



今野敏さんの「任侠学園」です。


とにかく痛快な本でした。

最初、読む前は、任侠もの?大丈夫?

高倉健さんの任侠映画苦手だったけど…^_^;


まぁ恐る恐る!?読みはじめましたが、

期待をいい意味で見事に裏切ってくれました。

『生徒は舎弟も同じ。舎弟のために叱り、
 体を張るのがヤクザの本分だぜ。』

『ヤクザから我慢を取ったら、ただの暴力団だ。』

爽やかなエンターテイメント作品でした!!

映画化して欲しいですね。



任侠学園 BOOK

内容紹介(「帯紙」より)

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は
総勢6人というちっぽけ極まりない所帯だが、
堅気に迷惑をかけず、任侠と人情を重んじる
正統派ヤクザである。

組長の阿岐本雄蔵は、兄弟分の組長から、
経営難に陷った私立高校の再建を引き受けることになった。

文化的な事業に首を突っ込みたがるオヤジの悪癖を
嘆きながらも、日村たちは学校へ乗り込む。

そこで彼らが接したのは、割れたまま放置された窓ガラス、
平気で煙草を吸う生徒、無気力な教師たちであった。

百戦錬磨のヤクザをあぜんとさせるほど荒廃した学園を、
日村たちは立て直すことができるのか―?



登場人物のキャラクターがすごくいい。

特に代貸の日村が良かったです。

読んでいてい気持ちのいい作品でした。

※渡辺保裕さんの作画で、漫画化もされています。




<追記>
(「NHK NEWS WEB」より抜粋)

ソチパラリンピック

ソチパラリンピックは9日、
アルペンスキー男子スーパー大回転の座って滑るクラスで、
狩野亮選手が金メダルを獲得し、
前日の滑降に続いて2種目を制しました。
また森井大輝選手が銀メダルを獲得しました。

狩野選手

森井選手
おめでとうございます





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_03_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.