「女王陛下のお気に入り」

Category: 映画 > ・洋画  


「女王陛下のお気に入り」


ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた
18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ

第91回(2018)アカデミー賞主演女優賞「オリヴィア・コールマン」


女王陛下のお気に入り


18世紀初頭。
アン女王が統治するイングランドは目下、フランスと交戦中。
病弱で気まぐれな女王を意のままに操り、
彼女に代わって王室の絶大な権力をほしいままにしていたのは、
女官長のサラだった。
そんなある日、没落貴族の娘のアビゲイルが
いとこのサラを頼って姿を見せ、宮廷で働くことに。
やがて侍女となり、アン女王の孤独な心をつかんだアビゲイルは、
女王陛下の新たなお気に入りとしてサラの地位を脅かすようになる。



原題/The Favourite
制作年/2018
制作国/アイルランド/イギリス/アメリカ
内容時間/120分

監督/ヨルゴス・ランティモス
製作/セシ・デンプシー
製作/エド・ギニー
製作/ヨルゴス・ランティモスほか
脚本/デボラ・デイヴィス
脚本/トニー・マクナマラ
撮影/ロビー・ライアン

(CAST)
アン女王/オリヴィア・コールマン
アビゲイル・ヒル/エマ・ストーン
レディ・サラ/レイチェル・ワイズ
ロバート・ハーリー/ニコラス・ホルト
サミュエル・マシャム/ジョー・アルウィン


映画を観た後のあとあじはあまりよくなかったです
でも映像が美しくそれだけでも観てよかったかな
そして3女優のドスのきいた演技にも拍手喝采!
アン王女役のオリヴィア・コールマンの万華鏡のような演技
アビゲイル役のエマ・ストーンとサラ役のレイチェル・ワイズ
女王の寵愛を奪い合う二人の火花が散るような攻防も凄かった!
3人の女優陣の迫力に飲まれた!?ハーリーとマシャム
2人は3人の女優陣にいいように振り回される道化師のようでした

ドロドロした権力争いの渦中で行われる欺し騙されの駆け引きは
まるで喜劇のように立場が入れ替わり
最終的にはアビゲイルの一人勝ちに!?
でも女王にウサギを虐待していることに気付かれ
ラストシーンはアビゲイルのその後をウサギになぞらえたようで
サラにしてみれば溜飲が下がるラストシーンになった!?
でもそのことをサラは知ることが出来ないので
結局3人とも何かを失う結末に・・・
あとあじのいい映画ではなかったのですが面白かったです(^^)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.