「L-エル-」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「L-エル-」


Acid Black Cherryの同名コンセプトアルバムをベースに、
広瀬アリスさん主演で下山天監督が映画化。


L-エル-


エルは“色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて育ってきた。
だが両親の突然の事故死によって、彼女の運命は大きく変わる。
悲しみに打ちひしがれるエルを得意の絵で元気づけたのは、
幼なじみの画家オヴェスだった。
そしてエルはある選択を迫られ、突然故郷を旅立つことになり、
2人は離れ離れになる。
エルは都会の町で劇団青年、キャバレーで働くアンナ、
パン店の主人などと出会い、波乱の人生を歩んでいくが…。



制作年/2016
内容時間/107分

監督/下山天
原作/Acid Black Cherryアルバム『L -エル-』
脚本/下山天
脚本/阿久津朋子
撮影/清川耕史
音楽/吉川清之

(CAST)
エル/広瀬アリス
オヴェス/古川雄輝
アンナ/高橋メアリージュン
劇団青年/平岡祐太
オーナー/前川泰之
パン店の主人/成田凌
リノ/古畑星夏


Acid Black Cherryのコンセプトアルバム「L」を実写映画化

ABCのアルバム「L」は聴いたことがないのですが
映画の中で使われていた曲は面白かったです
特に黒猫でのダンス曲が良かった♪
ただ内容が暗すぎて・・・まるで『嫌われ松子の一生』!?

エル役の広瀬アリスさんが可愛かったのと
アンナ役の高橋メアリージュンさんの演技が良かった


古川雄輝さんが演じたオヴェス以外の
登場する男性陣が酷いやつばかりで・・・
ABCの歌うLの世界観はどうなっているのかしら?
酷い男達に翻弄された哀しい女性の人生を歌っている?

ラストシーンではジャン・ジオノの『木を植えた男』や
アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』を彷彿とさせ
ファンタジーの世界に引き戻してくれましたが
エルの人生があまりに過酷だったので
最後に夢を見させてくれたのかな?
その辺を確認するためアルバム「L」を聴きたくなりました♪




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.