「祈りの幕が下りる時」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「祈りの幕が下りる時」


東野圭吾さん原作の「新参者」シリーズ劇場版第2作
「新参者」シリーズの完結編です。


祈りの幕が下りる時 MOVIE


葛飾区のアパートで滋賀県在住の女性の絞殺体が発見される。
警視庁捜査一課の刑事たちが捜査に当たるが、
これといった情報は出てこない。
いつしか捜査線上に舞台演出家の博美が浮かび上がるが、
彼女には鉄壁ともいえるアリバイがあった。
そんな中、現場から日本橋を囲む
12の橋の名前が書き込まれたカレンダーが見つかり、
刑事の加賀は独自に事件を追う。
やがて事件は、幼いころ加賀を捨てて家を出た
彼の母親へとつながっていく。



制作年/2018
内容時間/120分

監督/福澤克雄
脚本/李正美
撮影/須田昌弘
音楽/菅野祐悟
主題歌/JUJU「東京」

(CAST)
加賀恭一郎/阿部寛
浅居博美/松嶋菜々子
松宮脩平/溝端淳平
金森登紀子/田中麗奈
浅居厚子/キムラ緑子
宮本康代/烏丸せつこ
田島百合子/伊藤蘭
浅居忠雄/小日向文世
押谷道子/中島ひろ子
苗村誠三/及川光博


東野圭吾さんの原作を(かなり前ですが)読んでいたので
内容は知っていたのですが…それでも
映画「祈りの幕が下りる時」惹き込まれました

今回は新参者シリーズの完結編ということで
加賀の母親と父親がどうして離婚したのか
加賀が父親を許せなかった訳など
疑問に思っていたことが明らかになり
従弟の松宮も『なんで日本橋署にこだわるの?』と
ことあるごとに加賀に問いかけていましたが
加賀がどうして日本橋署から移動せず居座り続けたのか
その訳も分かりました。


原作を読んだときにも感じたことですが、東野版『砂の器』?
松本清張さんの『砂の器』へのオマージュ?のような作品で
キャストも素晴らしく本当に心に残るいい映画でした。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_01_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.